FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

Titans Return #2(RID#56):White Light 

☆前回のお話はこちらタイタンズリターン プロローグを見てくださいませ♪

【インド洋/ガルバトロン軍に勝利した7時間後】
ガル様軍に勝利したオトボは残党を追跡していました。
ブリッツウイングの顔にいきなりスタンガンを突きつけたカップのおやっさん(゚д゚) 戦いの年季が違うんじゃいヽ(´∀`)ノ
モニュメントバレーのオートボットシティに進捗を報告するジェトファさん。
オトボシティから通信してきたのはアルファ爺でしたが、
「お前たちを脅かすつもりはないのだが、こちらではちと問題が起きてな……」
ブチッ、音信不通www

アルファ爺の言っていた問題とは、ブリッジから何者かが侵入してきた件だとは思いますが、
突然通信が切れてざわざわするジェトファさんとパイラマグナ。。。

【モニュメントバレー/オートボットシティ】
突然通信が途切れて戸惑うアルファ爺の前に「すみませ~~ん、プライムはいますか~~?」と、
ちっちゃいお客さんがwwwまずい!これは!!
RID56_1.jpg
「アルファトライオン――13人のプライムの中で最も脆弱で哀れなプライムだな。さては強いプライムに仕えるようになったのか?」
インフィニタスと名乗るちっちゃいお客さんは、サイバトロンの黄金時代を取り戻すとか、うんたらかんたらの厨二セリフをグダグダと言ったもんだから、
アルファ爺はすぐにこいつがセンチネルプライムだと気が付きました!
「自身の都合の良い言葉でしか語らぬ語り部よ。私がサイバトロンを支配していた時も、お前は語る以外はなにもしなかったではないか。私はプライムを自称するオプティマスが、プライムに値する人物か見極めに来たのだ。もしオプティマスがお前と同類の者であれば――私なりの答えを出さねばなるまい」

スカイローラーから「ギャアァ~」という年寄りの叫び声が聞こえましたが、
そっちよりもこっちを先に行かねばと、エルロンの救助に向かったオプティマスと音波さん。
現場には負傷して倒れているエルロンと、
首なしセンチネルと戦う勇敢なD.O.C.&ボブちん&バスターの姿が!

容赦なくぶっ殺す宣言をするオプティマスにも驚きましたが。そこにアーシーが助っ人にやってきます。
エルロンと仲が悪いと思ったけど、真っ先にエルロンの安否を気遣うアーシー。
エルロンは重傷でしたが、命には別状がない様子で一安心。。。

アーシーは首なしセンチネルに攻撃を仕掛けるも、
「ああ、こいつなんてカタいの!!カッタいわ!!」
首なしセンチネルはアーシーを引っかけたまま飛行タイプに変形。
飛行機はアルファトライオンがいるスカイローラーを攻撃しますが、
音波さんは飛行機の中に人影があるのを発見します。これはインフィニタス?
オプティマスはD.O.C.にエルロンの手当てを任せて、音波さんと共にタイタン内部へ。
(ボブやバスターにもちゃんとエサをあげるようにと言うオプティマス。
非常時なのにどんだけ細かな心遣い~wwww)


【EDC本部】
モニュメントバレーから撤収してインド洋のEDC基地へ戻るスパイクたち。途中メリッサからの通信が来て、大統領が新しいEDCの司令官にジョー・コルトン将軍を任命したことを伝えます。
ジョー・コルトンってなにもんよっ!?
メリッサやジョーンズだけじゃなくて、この人も不安でした。
EDCに保護されたものの、消える寸前のふわふわスカワ~~💦
RID56_2 001
「俺は…どうなっちまうんだ……?永遠に消えちまう前に俺を助けてくれるってブラックロックは約束してたから、俺はあんたらを助けたんだぞ…。なのに、あいつ、誰なんだよ?コルトンって奴はよぉ……」
スカワ、もう不幸感MAX(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
ジョー・コルトンは特殊部隊G.I.ジョーのヘッドだった人物。
この後に来るヒーロー物語(嘘)「Revolution」の前フリってことでしょうが、
勘弁してよー!またいつものG.I.ジョーコラボかよっ=͟͟͞͞(✹)`Д´)

すんません、アタシはG.I.ジョーはミリも知らないので、G.I.ジョーキャラの詳細は全くわかりません。
G.I.ジョーの元メンバーのロードブロック(男)とスカーレット(女)がブラックロックを護送している途中、突然何かと衝突しました。
ブラックロックは転がったアルファ爺の頭部を見つけて((((;゚Д゚)))))))
もしかしてアルファ爺……お亡くなり!? †┏┛墓┗┓

闇の中から現れたセンチネルはブラックロックを拉致していきました。
センチネルはブラックロックをSovereign(ソブリン)と呼び、
自分と同じレアクラスの”タイタンマスター”だと。。。

RID56_3 001

【モニュメントバレー/オートボットシティ】
点々と続くエネルゴンを追ってタイタン内部を進むオプと音波さん。
オーア13のクリスタルがしこたま貯蔵されている倉庫で、首なしセンチネルとアーシーが戦っていました!
戦いに加わるオプ&音波さんですが、センチネルは死んだはずだよね??何でいるの??
「これはセンチネルプライムではないはずだ。プロールが遺体を確認し、私は葬儀に参列したのだからな」とあたふたするオプに、アルファ爺のシルエットの謎の人物が鼻で笑いました。
「プロールは情報源として最も信用できない奴だぞ」
そこに現れたのはアルファ爺の体にちゃっかり頭をくっつけてwww
手にアルファ爺の首を下げている、
なんともシュールな図柄のセンチネル工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

RID56_4 001
センチネルは爺の悪口を言いまくり、ブラックロックの本当の姿を明らかにしました。
ブラックロックがオニクスプライムのエージェントと言うのは既に出てきた話ですが、
ブラックロックはソブリンと呼ばれるタイタンマスターだったと。
要はオニクスのへっぽんฅ(^ω^ฅ)
RID56_5_1.jpg
ブラックロック改めソブリンは覚醒し、タイタン内部にあるスペースブリッジを起動。
センチネルは話したいことがあると、オプティマスと音波さんを連れてどっかに移動しちゃいました💦

ひとり残されたアーシー姐さん。。。
「アタシだけ置いてけぼりかよ~щ(゚д゚щ)ゴラー!」
RID56_5 001

D.0.C.がエルロンの治療を施している隣で、アーシーが誰かと通信しています。
アーシーは顛末を報告しつつも、あまり話したくない相手のようですが、
相手はオプやセンチネルのことはよぉーく知っている人物みたいですね。
「これからどうするつもり?」と尋ねるアーシーに対して「状況次第」と言いつつも、オプティマスを排除し、オプティマスと同等の力を持った者にむしろ代わってもらいたいと思っている様子。通信の相手は……
悪墜ちした???プロールでした(お久しぶりwww)
RID56_6 001
プロールはセンチネルがやろうとしていることは、すでにわかっているような口ぶりですが、
副官の頃からセンチネルがへっぽんだったってこと知ってたのかな?
センチネルが来たことを知らせても驚いていない様子から、オリジンでメガ様が倒したセンチネルはガワだけで、本体はヘッドマスター(タイタンマスター)ってことを知っていたと思われます。。。
またもや、オプティマスに排除されたプロールが絡んできて、
結局プロールは誰の、どっちの味方なのかさっぱりわからんよ~(´-ω-`)


しかし……アルファ爺はホントにお亡くなりになったのでしょうか?
もう何百万年、いや何千万年も前からずっと後期高齢者だったアルファ爺があんなに簡単に死んでしまうとは。。。
でも魔法使いみたいな能力持っているアルファ爺が、簡単にくたばるとは思えないんですけど。。。爺ぃぃ~戻って来て~o(;△;)o








スポンサーサイト
2018/08/13 Mon. 16:47 | trackback: 0 | comment: 0edit

現在の閲覧者数: