FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

もざみち(MTMTE) #21 Remain in Light 5 of 5: This Calamitous Life 

冒頭からのテイルゲちゃんの、
おでこと杖のスイッチポン♪の図に腹が痛くてたまらん~~wwww

↓もざみちきっての名場面www

MT21-1 001

なぜテイルゲちゃんだけ動けたのか?それは……
サイバークロシス、つまり老化が進んだ人には
思考の弾丸の放つ高周波数が聴こえない、
つまりコンビニで若者を追い払うモスキート音が、
年寄りには聴こえない原理wwwwで、
テイルゲちゃんには効かなかったのだ!!ジジィの勝利!!

果敢にアタァ~~ック(by児玉清)したテイルゲちゃんの奮闘虚しく、
フォージドの麻痺は解放できたものの、
一度スイッチポンしたキルスイッチはもう止めることができないとな。。。
タイレストに捕まったテイルゲちゃんは、
どうせすぐに寿命が来るから僕に構わずタイレストを撃ってくれと
ロディマスに言い放ちますが、その必要はなかったみたい。
後ろからタイレストをドカン!!とした人が!
これまた……死んだはずだよ、お富さんっ
(だから古過ぎてみんなわかんねーって)!!


外ではダイアトラスを倒して、有頂天になっているスターセイバーに、
ナスさんが決闘を挑みます。
自分はプライマス神に任命されて戦う戦士だ(注・妄想)とほざくスタセイに、
戦う目的は個人的なことに過ぎないときっぱり言い放つナスさん。

mt21-2 001

「神が絶対的存在で、過ちは起こさないとでも思っているのか。
神であっても時折、間違いを犯すのだ」
ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ、ナスさんかっこ良すぎる、もう~~~~/////

スタセイの目をつぶしてとどめを刺そうとしたら、テレポートで逃げられちまいました。。。
スカワはワープできるけど、スタセイはテレポートができるのか。

タイレストを後ろからドカンと撃ったのはミニマスさんでした。
頭飛ばされたのになんで生きてたの??それは・・・・・・
本当はもっと小さいおじさんだったからです~wwww
ミニマスさんは中の中の人だった(もうめちゃくちゃな設定や~w)


でもちっこいミニマスさんに突っ込んでいる余裕はない!
エクトプラズム出しているCCのみなさんはもう数分でお亡くなりになる!
ドタバタしているため、その隙にとっ捕まったファルマが逃げ出して、
スペースブリッジでサイバーユートピアにトンズラを決め込もうとしました。
「犯罪人は入れないんだよ~」と得意げなファルマwww
っつーか、あんたこそ犯罪者じゃないか!
おかしいぞ!このフォースバリア!

ラング先生によると、例のエキタスの技術を使っているそうで、
罪を検知して犯罪者を弾いてしまうそうですが、
あんたこそ犯罪者じゃないか!ファルマ!
⇒大事なことだから2度言いましたw

でもって、昔のことを思い出して、犯罪人ではないとわかったスキッズがするりんと通過♪

さっさとサイバーユートピアに行けばよかったものの、
元同僚のファーストエイドを煽りまくるファルマ。
FA「デルファイの多くの患者を殺しまくったことがそんなにおかしいのか」
P「私がどうしようもないヤツだってことは自分でもよくわかっているよ」
FA「アンブロンを殺したことがそんなに楽しいのか……」
P「あれは超傑作だったろう!縦切り~wwwあのときのお前の顔って言ったら……」


mt21-3 001

ファーストエイドは湧き上がる激情を抑えることができませんでした。。。
正義の鉄槌を下して、ファルマを撃ち殺してしまったファーストエイド。
いいよ、いいんだ。
ファーストエイドは正しいことをしたんだよ。。。

みんなラング先生と同じ気持ちですよね。
命を救うはずである医者が患者の命を奪い、
同僚のアンブロンをゲームのように笑いながら殺したファルマ。
そしてデルファイの医療チームの仲間だったファルマを殺めた自分。。。
ファーストエイドの心情は察するに余りあるものが。。。

キルスイッチを止めるために、パーさんはロディの半分こマトリックスを使うことに。
マトリックスマップは消滅し、ロディ自身の命にかかわる方法ですがロディは決心します。
パーさんが装置をセッティングしている間に、
ロディと小さいおじさん=ウルマグ氏は互いに告白タイムに入りました~!
ルナ1に誘導したのはやはりミニマスであり、ミニマスはタイレストと繋がっていたと。
ロディがビーとマトリクスを分けたときから、
ミニマス=ウルマグ氏はずーっと不安だったんですねwww
さらにロストライトでのロディがやってきた数々の黒歴史で、
ますます不安になったミニマス=ウルマグ氏!

ロディの無謀さに、ミニマス=ウルマグ氏が手に負えなくなってしまい、
イカレているとはつゆ知らず、
タイレストについつい頼ってしまったようで(つまりロディのせいかwww)。
さらにさらに、「どうせ死ぬから告白しておく」とばかりに、ロディも爆弾発言!!!
プロールに煽られてオバロ様をロストライトに
乗せたのはロディマスでした!


mt20-4.jpg

しかし、CCを救うためにきちんと役割を果たそうとするロディ。それだけじゃなかった。
巻末小説ではドリフトが追放されたとき、
ロディが反対していたことが判明!

とまあ、ロディも頑張ったんだね。。。ということで、
キルスイッチを止めることに成功、全宇宙のCCは元に戻ることができました。。。

サークル・オブ・ライトの戦いも終結しました。
ホワールは仇敵でもあるナスさんの勝利を祝福します。
ナスさんが苦悶の表情になり、ホワたんを溶鉱炉に突き落としてしまいました!!
ってのは、ナスさんの妄想。ナスさんはホワたんを許したのでしょうか?

テイルゲちゃんはもざみち5話目でウルマグ氏から地獄の集中講座を受けた、
タイレストアコードを思い出し、タイレストのドロイド、レジスレイターの動きを止めました。
ところが、ぼそりと新たなコード「one」をつぶやいたタイレスト。
今度は「1」「1」を繰り返してレジスレイターが再起動しちゃいました~💦
一方、ブリッジを使って、向こうの世界wwサイバーユートピアに行っていたスキッズですが、
「誰か~ちょっと助けて欲しいんですけど~」のラング先生の声に反応して戻ってきました!
しかしブリッジからヘンなコードが出てきて、
首なしファルマを引きずり込んだことは見逃すなwww


タイレストアコードを修正するミニマス=ウルマグ氏。
並行してタイレストのコンソールを使って修正する必要がありますが、その役割を引き受けたのが、
ウルマグ氏の教え子だったテイルゲちゃん。
こうしてワンワン言っていたレジスレイターを停止させることに成功しました。
テイルゲ、死ぬ間際に八面六臂の大活躍!!!
ありがとうショタジジィ!!安らかにお眠りください~~www


翌日、ロストライトでは、テイルゲちゃんが臨終を迎えていました。
ここからはナスさんとテイルゲちゃんの
愛の物語と言っても過言ではない名シーン!

台詞をひとつひとつじっくりと読んでくださいませませ~////////
ラっちゃんの努力も虚しくあと2分の命となったテイルゲちゃん。そこにナスさんが……!
ナスさんはダイアトラスからもらった、
サークル・オブ・ライトのグレートソードを
テイルゲちゃんに突き立てました!


mo20-5 001

ソードにナスさんのスパークを注入し、
テイルゲちゃんの命をつなげたのです!!
この方法を教えたのはなんと!ホワたんでした!
ここで前の妄想シーンが生きてくるんですね。
あのときホワたんを殺さなかったことで、
テイルゲちゃんも救われたと。。。


エピソードという名の顛末ですが、
ロディは死にませんでした!ちゃっかり復活していますwww
ミニマスさんはウルマグアーマーをちゃっかりと着て中の人を続けていますwww
ブレインストームもちゃっかり緑のスパークを持ち帰っていますwww
ロディとウルマグ氏は長い間ルナ1が見つからなかったことに疑問を感じていますが、
ルナ1の裏側に付いている5個のタービンみたいなのってなんぞ!?
これはスキッズがあっちの世界に行ったとき見たものなのかな??

mo20-6 001

そして……ナスさんの欠けていたツノが再生されてます!!
テイルゲちゃんを救ったナスさんを称えるウルマグ氏。
ナスさんがロストライトに乗船したとき、警戒していたウルマグ氏ですが、
今回のことでウルマグ氏はナスさんを仲間として心から迎え入れました。

こちらもまた素敵なシーンですね。

もうもう、すごい密度!濃すぎるエピソード!でもこれだけじゃない!
巻末の小説、実はここにさらなるエピソードが満載されています。

巻末小説「The Sound of Breaking Glass」からの補足エピソード。
全部読む気力がなかったので、TFウィキ先生の内容から要約しました。

◎ミニマスとの告りあいで自分のアホ無謀さに気づいたロディは、
すこ~し心根を入れ替えて、まじめにみんなに指示を出して、
キャプテンぽくなってきた。

◎ドリフトはオバロ様事件の際に自分一人が責任を負うとロディに宣言。
それはだめだよ、元はと言えば自分が乗せたんだしとロディは止めるが、
カオスの戦いで死にそうになったときに予知能力を身につけたドリフトは、
ナイツ・オブ・セイバートロンを見つけるのはロディしかいないと、
自分だけが犠牲になることにした。

◎ロストライトでレジスレイターの攻撃から船を守った功績で、
マックス君がウルマグ氏の跡を継ぎ、
タイレスト協定執行人のポストに就任!!
㊗㊗㊗マックス君!!㊗㊗㊗
うまくできるか不安に思いつつも、
やっと前向きに考えられるようになったマックス君。
新しい仕事でPTSDから脱することができるといいね😊

◎昏睡状態だったレッドアラートもキルスイッチのおかげで復活!
マックス君と共にルナ1に滞在して任務に当たることになった。

◎ラっちゃんはウルマグ氏がガワだってことを知っていた!!

◎サイバトロンとの通信が回復して、
おお、サイバトロン共和国が誕生したと喜んだのもつかの間、
いきなりスタスクの顔がバーン!でビビるロディww

◎タイレストは行方不明。
たぶん逃げたスタセイと一緒にまた悪いことを考えてるwww


本文読んでないので解釈が間違っているかもしれませんので、
きちんと知りたい!という方は、気力を振り絞って、巻末小説にアタァ~~ックしてくださいませ。







関連記事
スポンサーサイト
2016/12/07 Wed. 12:18 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/332-faf76d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: