FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

もざみち(MTMTE) #22 Little Victories 

ちょっと時系列的に混乱しちゃうけれど、
ロストライト内の出来事やクルーのインタビューを撮っているのがリワインド。
ということは、ロストライト号出発前後からオバロ様事件前までの時系列でしょうか。

James Raiz先生の作画がハードボイルド調wwなので、
絵的にはええっ!?なんでみんなこんなに怖いのっ!?と突っ込んでしまいますが、
実はすっごくおかしい内容になってますwww

一人一人の自己紹介はかなり面白いので、ここはじっくり読んでみてください♪
↓特に変な人たちwww

mo22-1 001

リワインドに映像記録を残すように依頼したのはロディマス。
でも何事も疑ってかかるウルマグ氏が言ったのは
“Never trust an auteur.”
映画監督を信じるな!
リワはいい奴だが、実際は何を撮られるかわからない、
恣意的に編集することもあるかもしれない(マイケル・ベイかww)、
だから私に検閲させろ。私が許可できない映像は黒塗処理だ!
ぉいぉいぉいぉいぉい~~~ウルマグさん、あなたってば~コラー! ( `Д´)ノ


オイル貯蔵庫ではテイルゲちゃんとスワーブがマターリ。
ロディマスもマグナスもサイクロナスもみんなクールなオルトモードでいいよなあ、
ところでラング先生のオルトモードって何だと思う?
バギーか一輪車じゃねえの?背中に車輪がついてるだろ?
え~?あれはバックパックだよー。台車みたいに押して使うやつじゃない?
よっしゃー、じゃあ100シャニックス賭けて、ラング先生のオルトモードを突き止めようぜぃ♪
ボール当てると自然とトランスフォームしちゃうってみんな言ってるだろ、やってみようぜ。
あれ?ラング先生は全然変わんねえよ。
やっぱ趣味があるってのが大事なんだよね。
ブレインストームのブリーフケースとかラング先生の宇宙船コレクションとか、
ウルトラマグナスの……(以下、検閲により閲覧不可www)
なんなの、このコメディ映画は~~www

スキッズはいろんな人たちと会うことに興味があるとのことで、
ヘドニアで出会った種族Ammoniteの思い出を語っています。
彼らもサイバトロニアンと同じく機械の生命体で、やはり長~い間戦争をしてました。
600万年も戦争しててこいつらを何とかするためにできたのが銀河評議会だったのか(;´д`)
お互いに自慢大会になってきて超おかしいんですけどww
Ammoniteのみなさんは基本的にトリチェンで、中にはフェーズシクサーの上を行く10変化もww
コンバイナーもできるってことでやってみたけど、
“omnicombinationa”ってなに??ちっちゃくなってるってこと!?
↓なんなの、この人たちwwwミニマスさんの親戚!?


mo23-2 001

仲良くスキッズとホワたんと一緒に飲んでたら、Ammoniteの敵であるTerradoreがやってきたって!
何やら外で銃声が。600万年にもわたる戦いはホワたんが片を付けたようです💦

次の映像は「幸せについての考察」www一体、何なんだ、この映像はwwww
これまた十人十色で超おかしいんだけど、
クロームドームだけが何気にリア充していて、
なんだかおいおいだわよ~//////


そして台車を押してる(やっぱり背中のバックパックは台車だったんだww)ラング先生。
サプライズ 🎉🎉🎉今夜はオルトモードパーティーです♪
(趣旨:ラング先生のオルトモードを突き止める会)
しかしラング先生、さすがです。いいところを突きました。
「その恰好でどうやって飲み物を飲むんだい?」
↓妙に筋肉質なハードボイルド・ラング先生www


mo23-3 001

ロディがバケツ被ってメガ様コスプレしながらw宴会をやっているときに、
ある人からの通信をブラスターがキャッチしました。
誰もが憧れるヒーローで、
超クールでハンサムなオートボット!
その名は……サンダークラッシュ💙💙💙


mo23-5 001-

あのサンダークラッシュが来た♪とみんな興奮状態(ナスさんまで^^)。
ラング先生なんて、サインまで持っているんですからねヽ(*´∇`)ノ
ハリウッドスター並みの人気!!確かに渋メンでなんて素敵なの……サンダークラッシュ💖
(ごめんなさい、オバロ様、浮気しちゃいそう//////////////)


mo23-8 001

だけどこの人は面白くない。船長でヒーローは俺だって!とばかりに、
俺の船にはこんなにすごいメンツが乗っているんだぜ~とサンダークラッシュに自慢するロディw
でもサンダークラッシュはみんなと知り合いだったわ。さすが宇宙のヒーローは顔が広い♪
ウルマグ氏には著書を絶賛して感激のハグをされちゃうし、
リハビリ中のw元ディセップ・ドリフトには、日本語(じゃねえよww)とお辞儀の挨拶で心をわしづかみ♪
ラっちゃんに至っては「へイ!サンダー!」★★★
「歓迎パーティーしなくちゃな」と、こんなにテンション高いラっちゃんも珍しい。
というのも、サンダークラッシュとラっちゃんは医学部の旧友であり、
ラっちゃんにとって良き先輩だったのですね~。
とまあ、ことごとく面白くない展開になり、ぶー垂れるバケツ被ったロディwww
さらにサンダークラッシュの目的がナイツ・オブ・セイバートロンの探索だと聞いて、
ロディはとうとう大爆発!!「それは俺の冒険だ!!!!俺たちのだって!!!!」
駄々っ子かよ……(;´д`)トホホ


mo23-6 001

マトリクスマップが無ければナイツ・オブ・セイバートロンのいるサイバーユートピアへのルートが
分からないはずだとロディがわめくと、サンダークラッシュの副官・Paddoxはしれっと答えました。
「本能と信じる心がナビゲートしてくれる」wwww
オプティマスがサバティカル休暇(充電期間みたいなもの)を取っている間、
マトリックスを預かって管理していたことのあるサンダークラッシュは、
持ち前のすんごい本能でサイバーユートピアに行けちゃうってかww
おまけにロストライトを自分の船だって言っちゃうしなぁ~。

実はサンダークラッシュの宇宙船・Vis Vitalisが故障してしまい、
ロストライトに来たらしいのですが、
サンダークラッシュは大戦中に瀕死の重体になり、
宇宙船のVis Vitalisが生命維持装置として機能していたのだとか。
ファーストエイドは宇宙船同士で洗濯バサミ療法wwwのジャンプスタートを提案。
サンダークラッシュの指導のもと、パーさんがトライしてみることになりました。

すると突然!副官のPaddoxがサンダーさんに銃を向けました!
「やっべーこいつディセップのスパイじゃね~!?」とロディは騒ぎましたが、
Paddoxはなんと、スキッズたちと一緒にヘドニアで飲んだ
Ammoniteのスパイでした。

長年同じ船で働いてきたサンダークラッシュは戸惑っていますが、
実は正義の味方だと思っていたAmmoniteがデ軍的な悪の軍団でした。
ヘドニアでホワたんがやっちゃったAmmoniteの敵であるTerradorenのリーダー暗殺で、
Terradoren(オトボ的な立ち位置)は勝つために
"Dark Cyclops"(ショックウェーブのこと!)と連携する可能性もあり、
それに対抗するためにAmmoniteはオトボの量子エンジンを盗もうと、
ロストライトを乗っ取る計画を立てていたと。。。
ところがスワーブに後ろからドカン!と殴られて
あっさり倒れたPaddox(‐∀‐;;

ここぞとばかりにスワーブは(100シャニックスを賭けているので💦)、
ラング先生にオルトモードで仕事してみろと煽ります。
ラング先生のオルトモードは謎ですが、
それが機能主義者たちや機能主義の分類上、支障が出る恐れがあるらしく、
結局「オーナメント(装飾)」というカテゴリを作ってラング先生に当てはめて、
一般大衆の目をごまかすために、背中に車輪をくっつけたと。
ラング先生のオルトモードで一体何なんだろう……???

サンダークラッシュの宇宙船Vis Vitalisは回復し、
サンダークラッシュがロディを無私無欲で誠実な人物だと称えたところで……
ブーイング~www
ルナ1から解放されたサークル・オブ・ライトのメンバーをロストライトに勧誘すべく、
リワインドが撮ったムービーを上映していたのですが、
こんな無責任でおかしな奴らばかりの船なんて絶対乗らないぜ、
サンダークラッシュの船に行こう~!とみなさんさっさと去っていきましたwww

最後の映像はみんなが次にやりたいことや希望を聞いていますが、
ドリフトとラング先生の、
「ロストライトのみんながナイツ・オブ・セイバートロンなんだ」
いい言葉ですね(´▽`*)
そしてテイルゲちゃんが言っていた、何が起こるかなんてだれもわからないよ、というのが、
ロストライトなんでしょう。最後にリワインドはみんなを呼び集めてグループショットを撮影♪
この中ですでに、リワインドとドリフトはロストライトからいなくなってしまっていますね。。。
寂しさを感じつつ……シーズン1は終了です。


mo23-7 001

このあとは、
もざみちとRIDが合体して話しが進む「Dark Cybertron」になります。
IDWコミックカテゴリ内で「DARK CYBERTRON」のセグメントを設けますので、今後のお話はそちらを参照くださいませ~。







関連記事
スポンサーサイト
2016/12/17 Sat. 16:42 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/336-de497f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: