FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

Chapter3:Winners & Losers(RID #23) 

スタスクはいまだに自分が殺害したメタルホークの遺体を
保管していたんですね。現状を語りながら、
メタルホークのアドバイスが役に立っていると感謝するスタスク。
でもその様子をコソーリとラットルに目撃されていました。

アイアコンの民衆はスタスクに助けを求めていました。
リーダーとしての資質が問われるところです。
スタスクはタイタンと会って話し合うことを決めました。
ラットルにスタスクが言ったアドバイス、
“Don't make your first move until you're sure of your last one.”
(それが最後だと確信できるまで、最初の行動を起こすな)
まさに、最後の最後にいいところ取りするスタスクの生き方そのものですね。


dc3-1 001

ラットルはスクープの監獄を訪ねて、
不吉な予言「ダークサイバトロン」の内容について訊き出しました。
プライムの契約が変わったときにオリジナルコードが書き換えられるとか、
ラットルはウルマグ氏の中に小さいおじさんがいたようなもんだろうとお気楽ですが💦
今の情勢にマッチしている予言でなんかうすら寒くなります。
しかもダークサイバトロンの予言は、すでに民衆の中にも知られるようになっていて、
スクープはさらに意味深なことを。
「スタースクリームは選ばれた一人だが、彼は私たちを破壊するだろう。
だから私たちは彼を止めなくちゃいけない」と。


ロストライトではロディのいない間、船長代理をウルマグ氏が務めていますが、
船が突然進路変更をしてしまって、コースから外れてしまいました。
原因を突き止めるため、ブレインストームに調べさせています。
ロストライトの中の伝言板wwwwと、
ウルマグ氏がゲッタウェイに思わずつぶやいた“meh(ま、いっか)”は、
ウルマグ氏の地球のお友だち=ヴェリティの口癖ですね、きっと😊


DC3-2 001-crop

心労が重なるウルマグさんですが、心を軽くしようと努力はしている様子。
ラング先生からのアドバイス、
自分に課しているイディオム、メタファー、スラングの禁止を解けばイメージが良くなるというのを
実行しているみたいで、ウルマグさん……かわいい//////
でもってブレインストームのラボにあったのは、
どこかから流れついたメトロプレックスの親指www
ブレインストームはこれはメトロプレックスからのメッセージだと言っていますが。

「さぁ!戦いだ!」となっていたオトボVSデ軍ですが、
ネクロタイタンのところに飛んできたスタスクによって戦いは中断されました。
早速アーシーが「殺!」とばかりに、でっかいカノン砲を構えたところwwビーが止めました。
「また躊躇しているのか!?敵が大勢攻めてきて、
しかもスタースクリームが何かをやらかそうとしているんだぞ!」

プロールの逆切れは音波さんにも向かっていきますが、音波さんは冷静に受け答え。

ネクロタイタンに降り立ったスタスクは、見かけが以前と違うと思いつつwww、
自分をリーダーに指名したメトロタイタンと勘違いして話しかけていました。
なれなれしくすんな、このバカヤロー!!
(ネクロタイタン心の声ww)とばかりに、
いきなり目がピカリン☆☆☆となったネクロタイタンは、
派手にエネルギー波を放出!!!

現場にいたオトボ、デ軍双方に大ダメージを与えました。。。
↓爆破された相棒のアストロに必死に語り掛けるブリッツ……(´;ω;`)
アストロ死んでいないよね!?アストロもブリッツも大好きなんだから、
こういうの止めてくんないかな~~もう💢


DC3-4 001

アーシーも重傷を負い、タイタンを攻撃しろと怒りまくるプロール。
基地に戻って様子を見るというビーの言葉に耳を貸そうとしません。
強烈なエネルギー波は街も襲います。
慌てて飛び去ったスタスクは、ここでリーダーとしての采配を見せようと
民衆のところに戻りますが、しょせんスタスクに止めることなどできませんでした。。。

爆破のあと……驚くべきことが起こりました!
スタスクに殺されたメタルホークが生き返ったのです!!
これはネクロタイタンと光波さんのオーア14が
関連しているのでしょうか!?

信頼して親しくしていたスタスクによって殺された恨みを晴らすべく殴り倒すメタルホーク。

DC3-3 001

彼は復讐を宣言しますが、まだ時期ではないと、
メガ様のステイシスシールドを解除して連れ去りました。
「メガトロンは死んではいない。
覚えていろ。すべてのものが戻って来ておまえを悩ませることだろう」。

スクープを解放したラットルは街の惨状を目の当たりにしました。
スタスクを手助けするより、生き残った者を助けることを優先するスクープ。

ロストライトで、メトロプレックスの探索をした方がいいのではと迷うウルマグ氏に、
ラっちゃんはオラの指示通り、ジアクサスを追うことを優先した方がいいと反対。
しかしパーさんは、メトロプレックスの親指が見つかったのは何らかのシグナルであり、
クオンタムジャンプをして発信源を探る方がいいとウルマグ氏に賛同。
ブレインストームもオライオンはすでにリーダーから降りたのだから、
命令に準じるより、ウルマグ氏の判断に従った方がいいということで、メトロプレックスに向けてジャンプしました。
しかしジャンプした先にあったのは血の海のようなドロドロと、
ロボット生命体の群れ!ここは一体どこなの???


メタルホークはメガ様を光波さんのもとへ連れて行きました。
かつてのリーダーの体内にはスペースブリッジの技術が含まれており、
メガ様が想像を絶する痛みに耐えても、
夢の実現のために手助けしてくれると光波さんは確信しているようです。
……メガ様までノヴァたちの野望に利用されてしまうなんて……😢

DC3-5 001








関連記事
スポンサーサイト
2016/12/24 Sat. 01:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/342-dfbd341f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: