FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

RID#33 The World of Tomorrow 

TPB7巻の表紙はサンクラとバスター!!
これは#37のリーフで使われたカバーですね。
地味ぃ~なサンクラがTPB表紙になるなんて……
うれし涙が出ますわ。゚(゚´Д`゚)゚。

RID33_1 001
「コンバイナー・ウォーズ」編の第1話となる今回のイシューは、
女性アーティストのサラ・ストーン先生が担当。
柔らかなタッチで今までにない画風のTFでこれも魅力的ですね♪

【Previously】
久しぶりにサイバトロンにクローズアップしています。
サイバトロンは、一応オプがリーダーとしてスタスクを認め、
でもこいつは信用ならねえ奴だからと、監視役としてアイさんとウイブレ姐さんに
サイバトロンを託してチーキュへ行ったオプ。
そして#14でカブちゃんに操られたプロールによって
頭をぶち抜かれたホイジャさん。
意識不明の状態でステイシスチューブにつながれて、
その間に起こったもろもろの事件を知らずに昏睡状態でした。
治療の甲斐あってか、ホイジャさんが昏睡から覚め、
逆さにひっくり返りながらお目覚めでございます。
おかえりなさ~~い!ホイジャさん!!
目覚めた途端、赤くなったスタスクに手握られ、
見知らぬ女子たちがいて混乱するホイジャさん~~~

スタスクはホント、ホイジャさんを唯一の友だと思っているのだな~(;´д`)
だけどホイジャさんはスタスクを友だちだなんて1ミリも思ってもいないようだけどwww
RID33_2 001
昏睡状態の間に起こった出来事、
スタスクが選挙によってサイバトロンのリーダーに選ばれたこと、
ショックさんの叛乱、バンブルビーの死、
メガ様がオートボットになったこと、
ロディマスたちのロストライトが爆発後も無事だったこと、
女性サイバトロニアンの合流、
そして傷ついたメトロプレックスが修復されて再びアイアコンが戻ったこと。

これらを一気に聞かされたホイジャさん。
「で、わしはこれからあんたを、
素晴らしいリーダーと呼ばなくちゃいけんのかね、ははは」
「自分のことはスタークリーム閣下と呼んでくれないか」(おい💢)

スタスクの案内である場所に向かうホイジャさんですが、
途中でメトロプレックス外の区域に建設された街を通過します。
いきなり「裏切りものが!」と瓦礫を投げられるスタスクwww
ここは元デ軍の人たちが多く住んでいる場所だったんですね。
ホイジャさんも相棒と思われてまったくもってお気の毒な。。。
ホイジャさんがプロールに撃たれて瀕死の重傷を負ったのをいいことに、
オプやプロール、プロールに従うビルドロンたちを批判していますが、
ホイジャさんはプロールは友人であり、自分を撃ったこともマインドコントロール下だったと、
プロールを以前と変わらず信用していますね。
でもスタスクはプロールが再び野望を持って、
デバステイターを操るとも限らないと警戒しています。そのためにも。。。
自分たちもコンバイナー作ってやろうじゃないか!

RID33_3 001

スタスクが作ろうとしているコンバイナー候補はデバステイターによって真っ二つにされた、エアリアルボッツのコンバイナー・スペリオンと、爆発に巻き込まれて瀕死の状態だったオメガでした。
スペリオンの中で一番の重傷者は左腕のスリングショット。瀕死の状態の彼らを見て、ホイジャさんはショックを受け、自分も彼らを救う手助けをしたいと申し出ました。
彼らをコンバイナーとして使いたいスタスクに、もはやスパークを失っている状況に見えるスリングショットを指さしながら、「誰が彼を救えるというんだ」と怒りに駆られるホイジャさん。スタスクはほぼ死人の彼らを“再建”するボランティアがいると、Alpha Bravo(オレンジの人) とPowerglideを紹介しました。
ここでいきなりパワグラが出てきた~~~!!
パワグラってロストライトに乗ってたんじゃなかった?
チャラいパワグラにドン引きするホイジャさん……(;´д`)


RID33_4 00

ブラーは復活したMaccadam's Old Oil Houseで、
ホイジャさんの快気祝いのパーティーを開いていますが、
知らない奴らに囲まれてホイジャさんはあまりうれしくないみたい。
死んだビーのことや、チーキュに行ってしまったオプやジェトファさん、
一線から退いてしまっているアイさんのことを考えていました。
人々の役に立ちたいという気持ちからサイバトロンのために尽くしたいと思いつつも、
プロールに対抗してコンバイナーを作るという計画に疑問を呈しています。
考え事に夢中になって並んでいる酒にも手をつけず、
三角帽子をかぶせられても気づかないホイジャさんwww


RID33_5 001

ホイジャさんはスタスクの本音を探るべく早朝からスタスクのもとへ。
ラットルに止められながらも強引にスタスクの部屋に入って盗み聞きするホイジャさんwww
スタスクの壮大な独り言にあっけにとられながらも、
みんなに平等にウソをついてきたwwスタスクですが、
ホイジャさんだけには本音を話していることがわかりました。

だけどウソをウソで塗り固めているスタスクのことだからこれもどこまで信用できるか疑問。
とはいえスタスク自身、誰からも信頼されていないことは自覚しているようですね💦
ホイジャさんの背後からコソーリウイブレ姐さんが登場。
ひそひそ声で自己紹介しながら、
スタスクがおかしくなっているのか確認する二人wwww

ウイブレ姐さんはメトロプレックスの“暗部”に案内します。
彼女はそれが何かわかるかとホイジャさんに訊ね、
ホイジャさんは「スペースブリッジ」と即答。

RID33_6 001

すべてのタイタン族はスペースブリッジを体内に保持しているのだとか。
さらにホイジャさんはウイブレ姐さんがスペースブリッジだと知ったうえで、
メトロを修復中なのだろうと指摘。
真実を突かれたウイブレは故郷のカミナスを助けるためにもブリッジの開通は必要だと話します。
ウイブレは自分自身はスタスクを全く信用していないとしながらも、
サイバトロンを立て直すリーダーであるスタスクに助力しなくてはいけないし、
ホイジャさんも自分たちと同じ立場であるのだから、
互いに信用できる相手としてうまくやっていこうと現実的な提案します。

次にホイジャさんが向かったのは、
ショックさんのダークサイバトロン事件の現場となったクリスタルシティ。
そこにはアイさんがいました。
二人は崩壊したクリスタルシティの中に奇妙な穴を見つけます。
アイさんは以前見たヴィジョン“明るい未来のサイバトロン”が、
ショックさんの陰謀によって変わってしまったと憂いていました。

この先どうなるか自分でも予測もつかないと言うアイさんを励ますホイジャさん。
やはり長年の友人だけあってアイさんの人となりも良くわかっているようです。

復帰後の現状確認のツアーをしているうちに日が暮れてきました。
ホイジャさんは再びスタスクのオフィスに戻ります。
コンバイナー計画に疑問を呈しながらも、
孤立無援のスタスクに対してホイジャさんは同情的なようですね。
スタスクは密かに地球にスクープを密偵として送り込ませていました。
地球での状況をスクープから報告させているようです。
プロール率いるデバステイターが
デ軍の船をぶち壊しているシーンをホイジャさんに見せますが、
オプたちが逃げているシーンを織り交ぜつつうま~~~く編集して、
デバステイターはサ軍の船を破壊していると
ウソこきまくりのスタスク(*`ω´*)

凶暴なコンバイナーはプライムでも御しきれないと、
コンバイナーの危険性を訴えていますが、
ホイジャさんはプロールもオプも信頼しているのでスタスクの言葉に耳を貸しません。
スタスク、必死の説得工作www
自分は信用されていないことは知っていると言いながら、
ジアクサス先生が作ったモンストラクターや、
スウィンドルが作ったスタンティコンズを例に挙げてコンバイナーの脅威を訴えています。
「再び戦争が起こったなら、
俺が言っていることが正しかったと信じるだろうさ。
俺は再びサイバトロンを混乱に陥れたくはないんだ」
↓演技なのか本心からなのかわからないけれど必死に説得するスタスクwww


RID33_7 001

こうしてホイジャさんはスタスクを信用していないながらも、
サイバトロンの人たちや亡くなったビーのためにも、
アイさんやウィブレのバックアップもあることだし、
再び戦争が起こる未来が訪れないために、コンバイナー計画を手伝うことにしました。
ホイジャさんってRIDではいつもこういう立場にありますよね。。。
スタスクもプロールもぶっちゃけ、両方信用できないからなぁ~www
デ軍時代にメガ様が計画を推進していたコンバイナーが、
戦後になって復活するとは。今後どのような展開になるんでしょうか?









関連記事
スポンサーサイト
2017/04/09 Sun. 17:11 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/366-9bcf8013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: