FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

もざみち(MTMTE) #34 Births, Deaths, and Interventions 

ロストライトのクルーが徐々に復活していますが、
トレカタさん、メインフレーム、ファーストエイド、ブルーストリークの4人のシャトルポットは、
オフステッド7の惑星でロディの指示を待ちながら待機していました。
オフステッド7はかつて“レクチャーワールド”と呼ばれた風光明美な星で、
その後、銀河評議会に併合されました。
ここは銀河評議会やブラックブロックコンソーシアなどの戦いに巻き込まれた惑星で、
戦いの折に使われたワープゲートによって大気に歪みが生じた結果、
こんなに見事な日の出が拝めるのだとか。まったくもって意味わからんwww
だけどアル中を克服したトレカタさんは景色より読書に夢中!!
トレカタさんが読んでいるのは、ディセプティコンのバイブルであり、
D.J.D.のターン様に至っては、
全文暗記しているというメガ様自伝“Towards Peace”。

ブルーストリークは“Towards Peace”の映像版を持っているんだって!
メガ様尽くしの、めくるめく映像らしい////////////

でもって、トレカタさんが読んでいたのはポストウォー・エディション。
つまり戦後版でルナ2での敗戦宣言が付けくわえられているとのこと。
トレカタさんはメッサティン編まで読んだらしいけど、
この時代のメガ様は鉱夫でひたすらニュークリオンを掘ってた時代だから、
トレカタさん的にはつまんなかったみたい💦
そこにタミズダット講堂を調査していたファーストエイドからの通信が。
講堂の中で瀕死の重傷を負ったサイバトロニアンを発見したとのこと。

MT34_9 001

誰がやったのか侃々諤々している3人ですが、ファーストエイドはさすが医療従事者、
医療キットがないか探しに行きました。

【遠い昔の時代・メッサティン】
メッサティンといえばもざみち読者にとっては、医療施設のデルファイがある場所であり、
今はD.J.D.の本拠地として知られていますが、
もともとここはサイバトロンから近い鉱山でした。
そこにやってきたのが、上院議会で主任精神病理学者を務めるフロイド。
名前からわかるようにラング(=ユング)、フロイド(=フロイト)で、
ラング先生の同業者の精神病理学者です。

出迎えたロルトは鉱山で働くある人物のデータをフロイドに見せました。
「彼のためにもすぐに行動をとらねばならない」と言うほど気にかかる状態のようです。
彼とは“思想家”であるメガ様のこと。
メガ様が重度の精神疾患の疑いがあると専門家のフロイドがやってきたわけですね。

MT34_1 001

フロイドは別の専門家も一緒に連れてきていました。
セクシードクタートレパン先生です////////
トレパン先生といえばオバロ様に拉致されて、
ネモサージャリー技術をオバロ様に教えたあと、
メガ様に見つかって殺されてしまった、
インスティテュートの記憶外科医でクロムドの元上司です。


【オフステッド7・現在】
医療キットを見つけて戻ってきたファーストエイドはカンカン💢💢💢
「お前らなんで勝手に患者を動かしてんだよ!💢💢💢」

メインフレームとブルーストリークは重傷者がもしかしてディセップかもと、
バッチを確かめようとして体を動かしたもんだから、
数時間が持つだったはずなのに、数分にまでなるほど悪化しちゃったみたい。
元アル中のトレカタさんはこんなに正義感あふれる人だったのねwww
「デ軍だったらどうだって言うんだ?戦争は終わったんだぜ。
もしデ軍だったら治療なんてしてやらねえってわけか?
戦争中だってそんなことあり得ねえだろ。いい加減にしてくれよ、ブルー」

結局、患者には緊急に輸血ならぬ輸エネルゴンが8ドラム分必要で、
一人当たり2ドラム分を提供しなくちゃいかんと。
メインフレームがリスクがあるんじゃないかと心配していると、
ブルーストリークがトンデモなものを発見しました!!
着脱可能な顔持ってんじゃん、こいつ~wwww
でもでもでも、これってあの子じゃない~~~!?


MT34_3 001

【過去・メッサティン】
“Towards Peace”が掲載されていますので、
みなさんがんばって読んでみましょうwww
警戒色のしましま模様がついた工事現場仕様の労働者時代のメガ様。
著書を執筆中のメガ様の前に
大けがを負って横たわっているのは、メガ様の友人であり、
メガ様の著書の校正を担当しているターミナス。
発禁処分のメガ様の著書を、
地下書籍として密かにサイバトロンへ流通させていたのも彼です。

ターミナスは鉱山の事故で下半身を失ってしまいましたが、
労働者階級は使い捨てとみなされている機能主義社会の中では、
リペアすれは命が助かる者でも、
ケガをして使えなくなった“役立たず”は容赦なく見捨てられてしまうのです。
メガ様は自身の活動を献身的に協力してくれたターミナスに、
自分のエネルゴンを輸血していますが、それだけでは到底助からないようです。。。

MT34_2 001

自分の命はもはや見捨てられていると言うターミナスにメガ様は、
「私にとっての価値は自分自身で決める。
機能主義者だろうと議員だろうと、誰一人私の信じるものを
侵すことなどできはしない」

これを聞いたターミナスは、絶大な権力で支配する機能主義者に対しては、
言葉で通用しないとなれば武力に打って出ることも必要だとメガ様を鼓舞しています。
「お前には頭脳と拳という、自由に使える強力な武器がある。
双方が使えるように準備をしておけ」

二人の会話を聞くと、メガ様はリーダーとなることに躊躇していますが、
メガ様にカリスマ性と天賦の才能を見出し、
平等な社会の実現のためにリーダーとして奮起させたのは
ターミナスだったようです。
いわばターミナスが破壊大帝・メガトロンの生みの親であったと。

しかしフロイドやトレパン先生が訪問してきたように、
機能主義者たちはすでにメガ様が労働者を先導する者としてマークしており、
ターミナスも脅迫を受けていることがわかり、
メガ様はしばらく執筆を自粛しようと考えているようです。
しかしターミナスは迫害を受けている人々に自身の思想を植え付けるために
さらに書き続けろと激励しますが、
いきなり何者かによって襲われるメガ様!!!

【現代・オフステッド7】
重傷者は古代サイバトロン語しか話せない。
しかもはがれた顔の内側から飛び出す剣山!!
この子はD.J.D.のヴォスじゃ~~~~~~ん( ゜Д゜;)


MT34_4 001

メインフレームたちはヴォスのことは知らないみたいだけど、
どうみてもヤバイ感漂っているヤツに、
リスクを冒してまで大事なエネルゴンをやれないよ!

というメインフレームの心情もわかりますが、患者の前では敵味方もない、
正義の人ファーストエイドはそんな彼らの態度にブチ切れ。
結局、メインフレームとブルーストリークは輸エネルゴンを拒否したので、
ファーストエイドとトレカタさんの2人で4ドラムずつを確保しなくちゃならなくなりました。
ファーストエイドは、ディセプティコンのバッジはスパーク保護管を使って作るため、
その特徴があった患者がディセプティコンだとわかっていたとのこと。
さらに輸エネルゴン量が多いとリスクもさらに増すことも伝えてトレカタさんにも再確認しますが、
「助けられるもんなら助けてやらなくちゃなあ!」
トレカタさん、アル中更生したら本来持っていた男気が出てきたのね!!


こうして輸エネルゴンをヴォスに開始したのですが、
ヴォスの古代サイバトロン語のつぶやきが自動翻訳機から流れてきた……
"Find,Kill,Cleanse."
やっべー、こいつD.J.D.だ!とチューブを引っこ抜くファーストエイド!!
それでも始めたものは続けなくちゃいけないという健気な?トレカタさんに対し、
トラウマ引きずっていたファーストエイドはきっぱり。
「僕はデルファイのメディカルセンターにいたんだ。
デルファイはD.J.D.の本拠地だ。
僕はあいつらがやってきた悪事をさんざん見てきたんだ。
あいつらがファルマを追い詰めて狂人に変えた。
あいつらさえいなければ、アンブロンは死なずに済んだのに……」

デルファイにいたファーストエイドがなぜヴォスを知らなかったんだろ?と
疑問に感じますが、D.J.D.は歌舞伎役者みたいな世襲制なので、
デルファイにいたころのヴォスは先代ヴォスってこと???
そこまで聞いても人道上助けなくちゃいけないと輸エネルゴンを
一人で続けるトレカタさん(;´д`)
案の定、復活したヴォスに襲われちゃったよ~(°Д°;

MT34_5 001

なんとかヴォスを引き離したものの、輸エネルゴンしたばかりで動けないトレカタさんは、
ファーストエイドに助けを呼びに行けと一人で残ることに。
例のパニック☆バブルを発動して自分の身を守ろうとしますが、
ヴォスがピースサイン出してる?(このヴォスかわえええ~~~//////////)
ピースじゃないよ~2人ってことだよ♪

MT34_6_1.jpg

パニック☆バブルエリア内の床下からズドンと出てきちゃたのは……
ケイオン君!!!!トレカタさん絶体絶命~~~~💦💦💦


MT34_6 001

【過去・メッサティン】
いきなりの~~トレパン先生の洗脳現場が~~((((;゚Д゚)))))))
ちょっと、ちょっと、我らが美しきトレパン先生をこんなトンデモな
マッドドクターとして再登場(過去だけどなー)させるなんて~~
ひどすぎるε=ε=(怒゚Д゚)ノ


MT34_10_1.jpg

超ゲス顔でメガ様の脳みそをくちゅくちゅするトレパン先生wwww
こんなことされたから、オバロ様に拉致された後にメガ様に
ぶっ殺されたんですなー。メガ様は復讐を果たしたわけです。。。
メガ様のマイクロプローブ(注射針)嫌いもこれがトラウマだったんですね。
オフラインより意識のある状態で施術した方が修正が効くと、
意識を覚醒させたまま、脳みそをいじくりまわるトレパン先生、
まさにゲスの極みと化しておるわ~www
「ふむ、君の脳内からの大量のノイズが溢れ出ているよ。
プライド、疑惑、恐怖、数多くの疑問。
だがもう考えることさえできなくなっているのではないか?
私が君を助けてあげよう」

洗脳が続けられると、言葉がどんどん失われていきます。
革命思想として、虐げられた人々に体制への怒りを喚起させた言葉が
どんどん消えていきます。。。
「君の持つ過激なアナーキズムを排除して、
思考力を削いでいけば、危険な思想は修正されることだろう。
そして機能主義体制には理由があるということも理解できるはずだ。
抵抗というのは一種の病気なんだよ。
だが心配するな、メガトロン。私が君をきちんと治療してあげるからね」

涙のようなオイル?エネルゴン?がオプティックから流れるメガ様。。。

MT34_10 001

しかしトレパン先生の洗脳施術は中断を余儀なくされました。
ある人物がメッサティンにやってきたのです。
その人物とはラング先生!!
ラングとフロイドは同じ立場の精神病理医で、
昨日、改正されたばかりの法律によりpersonality adjustment(人格修正)の施術には二人の署名が必要になり、
ライバルであるフロイドが独断で進めようとしたメガ様の施術を
阻止するためにラング先生はメッサティンに来たようです。
法律を改正したのは、人道派のショックウェーブ議員。
人格修正の濫用を阻止した法案を通したショックウェーブ議員が、
のちに完全なる人格修正を施されるとは、やりきれない思いがこみ上げます。。。。

やり取りの途中で、ニュークリオン鉱内で非常事態が発生。
こうしてメガ様の人格修正は未遂に終わりました。
ここでメガ様が人格修正されていたらディセプティコンは存在しなかったはず。
ラング先生は知らないうちに歴史上、重要な役割を担っていたのですね。

【現在・オフステッド7】
ファーストエイドたちが戻ってくると……
現場は大惨事と化していました!!!
トレカタさんが……。゚(゚´Д`゚)゚。
トレカタさんの脳みそを引っ張り出すケイオン君!!


MT34_7 001

動けないほど衰弱していたケイオン君はトレカタさんのフォースフィールドから
エネルギーをもらって復活!!その挙句、命の恩人を容赦なく虐殺したと。。。
戦争は終わった、彼は敵じゃないと諭すファーストエイドに、
メガ様の自身の言葉で聞くまでは信用できないというケイオン君。
半年前のルナ2でのメガ様の敗北宣言を知らなかったんですね。
「メガトロンのスピーチが中継されていただろう!
そこにあるトレイルカッターのデータパッドで見てみろ!!!」
ブルーストリークが逆切れするのもわかるよ~。
D.J.D.って粛清者の情報集めるのに、いろいろな手段を持っているはずなのに、
敗北宣言さえ聞いてないって、こいつらおかしくね??(||゜Д゜)

トレカタさんのブレインをもてあそぶケイオン君に、
ファーストエイドは怒りの声を上げます。
オトボのみんなの怒りもどこ吹く風、ケイオン君はデータパッドで
へレックスに移送のための座標を知らせて、
”それじゃね~♪”

【過去・メッサティン】
エネルギー磁場の暴走により非常事態が発生して、鉱山からの脱出が始まりますが、
脱出する優先順位も階級によって差別されています。
労働者階級は空きがなければ取り残されるということでしょうか……。
脱出する人々であふれるシャトル乗り場に、人格修正施術を逃れたメガ様も。
メガ様はターミナスのもとへ行きますが、部屋はもぬけの殻でした。
ドリル作業員で死ぬ間際だったターミナスの行方など気にする人はいません。
メガ様は断腸の思いで未発表の著作物をかき集め、
脱出シャトルへ向かいました。
メガ様の脳内を駆け巡っている「すまない」の文字。
メガ様の悔しさや怒りが伝わってきます。。。


MT34_8 001

脱出シャトルの射出カウントのアナウンスが流れる中、
メッサティンの鉱山に現れたのは……
ブリーフケースを手にしたブレインストーム!
「やっと着いた……どこから始めようかな?」

なんでブレストがここにいるの!!??TFは年齢がわからないですが、
ブレストはこの時代からすでに暗躍wwしていたのか?これは今後の伏線になりそうな。。。

メガ様によってアル中から更生できて、やっとまともな仕事をし始めたトレカタさん。
正義感から自分のエネルゴンを分けてあげた
D.J.D.によって無残な殺され方をされてしまったトレカタさんを思うと。。。
メガ様によって人生の修正ができたトレカタさんが、
メガ様を心酔する部下により殺されてしまうという、
あまりに悲しい結末にショックを隠しきれません。。。


また、シーズン2最初の28話でラング先生がメガ様のカウンセリングをしているときに
名前が出てきたターミナス。
ラング先生はそのときにTowards Peaceからターミナスへの献辞を削除した理由を
メガ様に訊ねましたがメガ様の返事は、
「彼が教えてくれたんだ。執着するな、とな」
メガ様は最大の理解者であり、友でもあったターミナスを失ったことで、
彼への執着を捨てて献辞を削除したということだったのでしょうか。












関連記事
スポンサーサイト
2017/04/09 Sun. 22:19 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/367-f4b69fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: