FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

もざみち(MTMTE) #40 Our Steps Will Always Rhyme 

冒頭で今までのあらすじをスワーブ流に語っているのは面白いですね(´∀`*)
スワーブってバーテンよりもコメディアンの方が成功しそうだけどwww

ラチェットのお別れ失敗3場面
最初は#36に登場した、オライオンがセンチネルたちに反旗を翻してロディオンを旅立つ前のシーン。
ローラーがラっちゃんに一緒に来ないかと誘いましたが、
ラっちゃんにとっては医師として患者を診ることが最優先。オライオンとは行動を共にしませんでした。
「ローラー、声をかけてくれてありがとう」と感謝の意を示すラチェット。
でもきちんとローラーに自分の気持ちを伝えきれていませんでした。

次はラっちゃんが地球に行く前の頃。この頃のファルマはイカレていないwww
ラっちゃんはプロールから要請されて地球に行くことになりましたが、
ファルマもプロールからデルファイへの異動を打診されていて迷っている様子。
「どう思う?」と意見を求めたときには、ラっちゃんの姿はありませんでした~~~💦💦💦
ファルマがラチェットを憎むようになったのはこれが原因かwww

3番目は地球に来て一緒に行動していたハンター・オナイオンとの別れのシーン。
「もう見守る必要もなくなったな」
「それで終わり?ハグしろとは言わないけどさ、もうちょっと……」

無言で走り去る、なんて不愛想な別れ方www
しかもこの後、ハンターはボンブたんに襲われてしまったというのになあ。。。
結論♪ラっちゃん先生はお別れの場面が苦手:(´◦ω◦`):
でも待って!ということは、ラチェット先生お別れの回ってこと!!!???

ロストライトは現在、惑星スカーヴィックスの首都フォルティナの近くに、
量子エンジンのリチャージのため停泊中。
何も行動できないとなれば、船の中はヴァカンスですね♪
でもって、ショタのテイルゲはおニューのホバーボードで艦内を爆走中(;´д`)
客はラっちゃん一人という、あまりの過疎ぶりにテンちゃんと一緒にグラスタワーを作っているスワーブ。
閑古鳥が鳴いているのには理由がありました。
ブレスト事件で真実を隠すために、スワーブスでは粗悪品のエンゲックスを出していたとされてしまい、
(実際は薄めていただけなんだけどね💦💦)
しかもライバル店となる新しいバー”Visages”がオープン!!
ここはミラージが営むバーでトップデッキにあるロケーションバツグンで、
インポートものを中心としたエンゲックスを揃えているオシャンティな隠れ家的なバー。

唯一の客だったラッちゃんのお酒をこぼしてしまったテイルゲですが、
本人は釣りに行くといたって楽しそう。

MT40_1 001

ゲタと一緒にロスライのオイル貯蔵地に沈んでいるレジスレイターの死体を釣り上げに行くとかΣ(´Д`*)
元レジスレのテンちゃんがいるってのに空気嫁よ!テイルゲ(*`・з・´)
スワーブはテンちゃんのことを“でくのぼう”呼ばわりして、客のイスに座るな!ってどやすし、
背中には誰かが書いた“ボクはアンバステストに落ちちゃいました”という落書きがあるし、
みんな、テンちゃんのこと知能がないただのドロイドだと思ってるっ💢💢💢
ロボット生命体の知能を測るためのアンバステストに合格できなかったからといって、
きちんと労働者への権利は遵守しなくてはいけないとスワーブに説いていたウルマグさん。
スワーブはウルマグさんを揶揄しているけど、さずが法の番人だな。


ラっちゃんが遅れるとまずいと慌てて向かった先は、
ロストライトの中に設置された法務委員会によるブレインストームの聴聞会。
あくまで公式な裁判ではなく、ロスライ内での非公式の査問のようですが、
ブレストが素顔をさらしているのは新鮮//////

MT40_2 001

裁く立場の法務委員はロディマス、ウルマグ氏、オトボの法務最高顧問だったザロン。
もう一人の船長・メガ様は欠席しています。立場上、ブレストを裁きたくないという配慮でしょうか。
ブレストの弁護人は元同僚のクロムドが務めています

ブレストは過去のメガ様を撃ったリワインドが拘束されていないのはおかしいと異議を申し立てますが、
ウルマグ氏から、リワ君は裏ロスライでのD.J.D.の惨劇でトラウマを受けていること、
情報過多により混乱が生じていたことなどを理由に挙げています。
証拠品であるブレストのフェイスプレートからデ軍マークを出そうとするロディですが、
うまく行かず慌てていると、ウルマグ氏から「私に貸してくれ――」と言われて、
「俺がやるって!できるってば!!」→小学生かよ~(゚д゚)
最初から間の抜けた展開になり、ブレストが
「俺はどうやらディセプティコンらしいぜ(笑)。
つまりな、自分はディセプティコンだったって言ってるんだよ、ウルトラマグナス。
ハァァ・・・・・・(ため息)。
この中で完璧なタイムマシンを作った奴はいるのか?いるのなら立ってみろ」

小ばかにした態度のブレストに、友人であり自分のレンチをバージョンアップしてもらった
ノーティカは怒りのあまり、レンチを壊して聴聞会の会場を出て行ってしまいました💦
そして立ちあがったリップタイドwww(やっぱりリップタイド好き~って何回言ったかなww)

MT40_3 001

それからブレストはペラペラと話し出しました。
驚くに値しない事実その1。タイムマシンを作る技術やマテリアルはデ軍にしかありませんでしたー。
だからスパイをしなくちゃいけなかったんですー。

RIDでもターモイルが有機生命体にタイムマシンを作らせていた話が出てきたけど、
デ軍はこの有機生命体から(力づくで)技術供与を受けていたってこと?
さらにブレストはデ軍に疑われないために、差しさわりのないオトボの兵器の技術提供はしていたけど、
「ブレインストームはオートボットに打撃を与えるような重要な情報の供与はしてませ~~ん」ww

ここからは裏ロスライのブレストについて言及していますが、
同じ人物とはいえ別世界の自分の行動についてなんて推測するしかないよね~💦不毛な論議だよ(;´д`)
それでもさすがの分身wwwと言うべきか、裏ロスライのブレスト2号wの行動を言い当てていますね!
(読者にしかわからない真実ですが。。。)
「要するにだ、俺は最低のスパイだったわけさ。
ラングよりもさらにひどいね。おっと、つまんねえ冗談言っちまった」

なんすか!?この冗談って~~~((((;゚Д゚)))))))
うっかり八兵衛だったブレストはメガ様ではなくてラング先生のホットスポットにタイムジャンプしまくっていたけど、その途中でなんかこんななんかみたいな事実を知ってしまったとか?
ラング先生黒幕説www
ブレストいわく、長年スパイとしての信ぴょう性を疑われていたために、
オバロ様密告で点数を稼ぐつもりだったんじゃないか。
だけど基本いい人のブレストは、オバロ様の居場所へ誘導するが、
ロスライクルーには危害を加えるなと交換条件を提示していた、とブレスト2号の行動を推測。
ウルマグさんにそれが最終答弁かと聞かれて、とうとうブレストもブチ切れたよ!!
「俺はD.J.D.にオーバーロードのことなんぞチクっちゃいないし、
チクったのは裏ロスライにいたアホバージョンの2号だろ!
ヤツは死んじまったが、俺はあいにく生きている。死んだ方がマシだったけどな。
だけど俺はここにいる。だからこうしてあんたらに脅されて面白おかしく話しているんだろ。
確かに俺は自分でも驚くほど、バカな真似を繰り返してきた。
その最たるものがディセプティコンになったってことだよ。
だがな、別世界のロストライトで起こった出来事を責められても俺にはどうしようもできない。
別世界の俺がやった罪をこっちの俺に押し付けるな!!」

パーさん、思わずスタンディングオベーション(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

MT40_4 001

判決を下せる立場のウルマグさんはブレストの主張を認めて、
終戦していることもありデ軍のスパイであったことは不問にして、
クルーを昏睡させたことと、一方的に歴史を改ざんしようとした罪だけを問いました。
ロディが下した処分は、タイムマシーンになったスーツケースをすべて破壊することと、
ラボへの出入りの禁止、厳しい監視下に置いてデ軍関係者との接触を禁じることだけでした。
ロストライト追放の処分が下されると覚悟していたブレストにとっては驚きだったようで、
「船から追い出されたいのか?」と聞いたロディにきっぱりと、
「いいえ、船長。追い出されたくありません。
ここは俺の“ホーム”ですから」。

このときのラっちゃん表情がなにやら……ざわざわ。

聴聞会も欠席したメガ様は自室に引きこもりの毎日。
そんな態度に疑惑を感じていたウルマグさんが、自分のマットブラックのデータパッドが紛失したことで、
メガ様が盗ったんじゃないかとガサ入れにやってきたようです(失礼しちゃうわっ💢💢💢)
ブレストを捕えて以降、部屋から出てこないメガ様に何をしているんだと詰問するウルマグさん。
メガ様は二言だけ“Thinking.Working.”と。。。

オサレバー“Visages”はホント繁盛しているみたいね~。
ミラージ(リジェ)がこんなにバーテンが似合う人だと思わなかった//////
ヴィサージュはフランス語で「顔」って意味(英語も同じ)だけど、
バーのネーミングの由来知りたいわ/////
そこではテイルゲとゲタがサシで飲んでます。最近、ゲタとばかりつるんでいるテイルゲ。。。


MT40_5 001

しかもテイルゲになんとかナスさんと別れさせるためにあることないこと吹き込むゲタ!!
ナスさんはテイルゲをイタいショタだなんて思っていない!!
(読者全員は思っているけどwww )
ナスさんはテイルゲを単純思考=すぐにだまされるアホwwとか、
臆病のヘタレwwなんて思っちゃいない!!
(読者全員は思っているけどwww )

どうしてゲタはテイルゲをこんなにも持ち上げて、
かつナスさんをとことんおとしめて、二人の仲を裂こうとするの!?

単純なテイルゲはもうだまされちゃっているじゃないの……💦💦💦

次の見開きは、テイルゲがフォルティナで買ったホバーボードに
伝染病のスーパー☆スクラップレット菌が付着している疑いがあると、
接触した可能性のあるクルーを検査するメディベイのシーン。
ラっちゃんが診察する相手と会話する体裁なのですがこれが実に興味深い内容になっています。
○ロディとの会話
ブレストとドリフトに対する処分を比較すると、ドリフトの追放処分は厳しすぎると責めるラっちゃん。
ウィキ先生のエラー項目などでも指摘されていますが、ドリ追放の真実を知っているラっちゃんが
この処分でロディを責めるのはなんかおかしいという意見があります。

MT40_6_1.jpgMT40_6 _2

オバロ様事件を引き起こした罪をなすりつけてドリフトを追放したロディですが、
後にオバロ様をロスライに乗せたことを知っていたとロディはクルーに告白します。
その上で信任投票して辛うじて信任されたわけですが、
TPB5巻の巻末小説にあったように、みんなに告白するというロディを制して、
自分がすべての罪を背負うと主張したのはドリフト本人です。

この事実を知っていればラっちゃんの指摘は出てこないはずですが、
ロディがクルーに追放事件の真相を話しておらず、自分はオバロ様を乗せたことを知っていた。
だから自分が悪かった。船長に相応しいかどうか投票で判断してくれ。
ここまでしかみんなは知らないんじゃないかと。
どっちにしても、話をはしょったロディが悪いwww
○ノーティカとの会話
ブレストに裏切られたことで怒りがおさまらずイラついているノーティカ。
でもノーティカはラっちゃんさえ知らなかった、
ブレストがゲタやリップタイドと同じく目的別の兵士として作られたM.T.O.=Made to Orderであり、
本名が“Genitus of Operation: Solar Storm”ということまで知っていました。
ということは、本当にブレストとは親しく付き合っていたってことなんですね。
本名を教えてはっとあることに気づくノーティカ。
歴史を変えて戦争が起こらなかったらM.T.O.である自分は存在しなかった。
つまり、ブレストが自分本位で事を起こしたのではなかったんだと諭すラっちゃん。
○ウルマグ氏との会話
まだデータパッドは見つからないみたい💦
きちんとした性格の自分が大事なものを無くすなんてあり得ないと怒るウルマグさんww
と言いつつ……実はすっかり弱気になっていました。
タイレスト協定執行人は退任したし、メガ様が来てサードコマンダーになってしまったし、
中の人がミニマスアンバスだとみんな知っちゃったし…と💦

気にし過ぎたと言うラっちゃんに対し、ウルマグさんが部屋の外で拾ったミニマス人形を見せました//////
「みんなの私に対する敬意はこんなレベルのものなんだ」と落ち込むウルマグさんですが、
これは熱狂的なファンが愛おしさのあまり作ったものですよ~~!!!
可愛くて萌え死ぬレベルな~/////////////


リストにあった全員の検査を終えたラっちゃん。
状況を一部始終見ていたファーストエイドは、
スーパー☆スクラップレット菌なんてのは口実だと気づいていました。
「リストにあった人たちは全員友人でしょう」。
ラっちゃんがロストライトを離れることを決めて、
友人たちに別れの挨拶をしていたことを見抜いたファーストエイド。
「シャトルベイにみんなを呼んで、普通にさよならの挨拶をしたらいいのに――」

というファーストエイド。そこに空気嫁ないテイルゲがまたもやラっちゃんに激突www
ラっちゃんにホバーボードを取り上げられて、テンちゃんに新しいの作ってもらったのだとか。
ボードの裏には夕方パワーのテイルゲが~~(草ボーボーだよ~~~~)
ん?彼はこんなアメコミアーティスト並みの画力があるのか?もしやこのフィギュアも?

MT40_7 001

ということでラっちゃんが訪れたのは、テンちゃんのお部屋。
スワーブの冗談かと思っていたら、ホントにボイラー室に住んでいるんだって(´∀`*)
部屋の壁に描かれたロストライトクルーの絵、
デスクにはロストライトやクルーたちのロボモードやオルトモードのフィギュアが。
テンちゃんの隠れた才能に感嘆するラっちゃん。
テンちゃんが作ったのはテンちゃんに優しくしてくれる“お友だち”なんでしょうね。゚(゚^∀^゚)σ。゚

ラっちゃんは「一人足りないが」とあの人のパーツを拾い上げて、
(なぜドリフトのことを知らないテンちゃんがパーツを作っていたのかは……まあいい、
あまり突っ込まないことにするww)
「君もきっとあいつが好きになると思う。私もそうだった。
自分たちが思っている以上に、互いのことを気に入っていたんだ。
計画通りに進んだら、君もすぐに彼に会えると思うよ」。

さりげな~くドリ愛を告ったラっちゃん先生に、
衝撃走った~////////////


テンちゃんが一番好きな人は……ウルマグさんでした//////////
ガワも中の人も両方のフィギュアを作っていたんですね😊😊😊
↓てんてんてんてん繰り返しているテンちゃん~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡
もうこの子ヤバイヤバイヤバイ(≧∇≦)


MT40_8 001

ラっちゃんは部屋にウルマグさんが無くしたと騒いでいたマットブラックのデータパッドを発見します。
大好きなウルマグ=ミニマスさんのフィギュアと交換に、
大好きな人のものを持ってきちゃったテンちゃん。
ウルマグさんはパッドの中身は極秘情報とか言ってたけど、
パッドの中にあったのは。。。ミニマスさんの趣味は同人小説書きかぁ?
(あらまー、趣味が一緒じゃん//////////)
だけどパッドは返さなくちゃいけないよ、とラっちゃん。
そしてパッドにウルマグさんへのメッセージを書き加えました。

いつの間にか活気を取り戻していたスワーブス。
そこへやってきたのがテンちゃんを同伴したと一緒のミニマスさん。
スワーブは「客の席に座るなと何度言ったらわかるんだ」とどやしましたが、
ミニマスさんが彼は連れだときっぱり。不満ならオサレバーに行くと脅すと、
スワーブ曰く、オサレバーでメガ様が詩の朗読会をやったもんだから、
みんな逃げ出したんだ、とうれしそう~~ヽ(´∀`)ノ

スワーブはまったく詩の魅力を理解していないようですねwww
メガ様は偉大な詩人なんだからね💢でもミニマスさんも詩の表現の難しさを認めている様子。。。
なんだ、ミニマスさん、同人小説じゃなくて、
メガ様にインスパイアされて詩を書き出したのか((^∀^*))

スワーブはラチェットにフリードリンク(今度はビックサイズw)のサービスをしたいと
ラチェットを探しているようですが、
(オサレバーでのメガ様、詩のパフォーマンスはラっちゃんの入れ知恵だったことがここで判明www)
ラチェットの姿はすでにロストライトにはありませんでした。
各コマにある赤色の言葉はラチェットが感じていた心からの言葉ですね。


テンちゃん/ウルマグさんのデータパッドへのメッセージ
「マグナスへ。君の心配性を悪化させないためにも友人を作ることが必要だ。
君のナンバー1のファンであるテンがぴったりなんじゃないか」

ブレスト&ノーティカ/仲直りした二人。
ブレストがノーティカのレンチに新機能“ブレインストームくたばりやがれ”の音声つけましたww
ブレストとノーティカは恋人同士というより、良きライバルで良き友人同士って感じ。
(カレシはスキッズだしね(⋈◍>◡<◍)。✧♡)
「彼と私には共通点が多い。私たちは手先が器用だが、言葉をつむぐのは苦手だ」

MT40_9_1.jpg

オイル貯蔵庫のシーン/レジスレイター釣りをするテイルゲとゲタ
「時にはそれが致命的になることもある」
ナスさん/一人で外を眺めるナスさん……
ナスさん、ぼやぼやしているとテイルゲちゃんをゲタに取られちゃうよ~~💦💦💦
「もちろんこれは私たちだけではない。
この船は感情を言葉でうまく言い表せない者たちのたまり場でもある」


MT40_9_2.jpg

ロディとパーシー/ブレストのタイムケースを焼却処分する二人。
すべてのケースを燃やしたはずですが……
「ああ、そうだ。彼らは年がら年中しゃべりまくってはいるが、語ることはほとんどしていない。
自分がどう感じているか他人に知られるのを怖れているのだ」

メガ様とラヴィッジ/メガ様の部屋になぜか処分したはずのタイムケースを運んでくるジャガーちゃん。
「見つけられることをとても怖れている」
ファーストエイド/ラチェットが在室していると思い話しかけるファーストエイド。
「ラチェット?みんながあなたがどこに行ったのか?って聞いてくるんですけど――」。
デカい通信機wwの横にはファーストエイドにあてたラチェットからの置手紙が。
“新しい医療主任へ。私に用件のある時は……”
「良くも悪くも、私たちは何を語ったかよりも、何を為したかによって判断される」
通信機とドリフトのフィギュア/窓の外にはリチャージを終えたロストライトが離陸していく。
「大切なことをやりとげるために、時間がかかってしまったとしても・・・・・・そうさ」
「遅くなったとしても、何もやらないよりはいい」


MT4_10 001

初めて、きちんとさよならを言うことに成功したラっちゃん。
ラチェットにとっての「さよなら」とは、
自分の気持ちをきちんと言葉で伝えるということでした。
それにしてもドリフトの名誉を挽回するために、彼を探しに行くとは。。。
ラチェドリ???/////
ラチェットがロストライトから去ってしまったのは寂しい限りですが、
きっとドリフトを連れて戻って来てくれると思います~!!

ラチェットのお別れの回ですが、なんか心温まるイシューで、それもこれもテンちゃんのおかげ?
テンちゃん、超ラブリーで無理ぽ///////////
ドリフトのフィギュアは結局、テンちゃんが作ってくれたの?
ドリ愛あふれた/////ラっちゃんが自分で作っちゃったの?







関連記事
スポンサーサイト
2017/07/09 Sun. 23:07 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/379-497cd662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: