FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

RID #43 South of Heaven 

木星に建設中のコミューン見学ツアーを
音波さんがガイドしま~す♪

木星のリングに隠れて音波さんたちの様子を偵察するアダムスは、
だれかを運んで来たらしいアストロを発見します。
アストロはもともと輸送参謀ではあるけれど、
戦争が終わってから完全に輸送業者になってるよね、、、、
ほとんど「アストロ交通」って感じだよねヽ(´∀`)ノ
アストロ交通を使えば人間でも簡単に木星に行くことができま~~す♪

rid43_1 001
アストロから出てきたのは、音波さん、ブロウル、コンドルちゃんとバズソーちゃん、
オニクス社のブラックロックCEO、メリッサとジョーンズの面々。
みなさんで「木星コミューンツアー」にやってきました♪
引率者は音波先生です♪

今回はね、コンドルちゃんとバズソーちゃんの突っ込みまくる会話がかわいいの😊
重力がなくてみんなふわっふわと浮いていて、デカいブロウルも飛んでま~すwww
「おいバズソー、お前ブロウルが飛んでいる姿見たことあるか?」
「ガガガガ(鳥の鳴き声w)ああ、それがヤツのIQを上げる唯一の方法なのさ」

木星のコミューンの中はアストロ交通が地球から運んできてくれた空気を入れているので、
宇宙用のヘルメットを取ってもOKですが、木星を作っているのは水素とヘリウムで、
ヘリウムと言えばあのヘリウムガスの声ですね!メリッサはカートゥーンのリス声って言ってるけど、
どっちかというとアヒル声だよねwww
みんなふわふわしてるつーのに、
音波さんだけがドーンッと立っているぞ!?

rid43_2 001
音波さんはサイバトロンの重力発生技術はまだ明かせないと出し渋ってるけど、
ブラックロックは「磁石じゃね?」と推測してますねw意外と単純なしくみwww
↓この子たちのツッコミやだやだかわいい(」*´∇`)」
rid43_4 001
音波さんは人間やオニクス社に協力を仰ぐため、
コミューンを案内するツアーに彼らを招待したようです。
居室やレストラン、バー(ステージもあるよwwカラオケもできるぞww)、シアター、公園と生活に必要なものは全部そろっていますよ~♪
みんな来てね~♪

ブラックロックが「ロボットの公園」と言ったらメリッサは「彼らはロボットじゃないわよ」と訂正。
以前スカワに「俺たちはロボットじゃねえぞ」と言われたことを覚えていたんですね~。
んんん??ここで何かの気配を感じた音波さん。

コミューンの外ではアダムスがステルスモードで偵察を続けていましたが、
D.0.C.みたいに仲良くしてくれない監視用ドローン以外はな~~んにもヤバイ気配はなくて、
中から聴こえてくるのはキーキーとしたダック声だけwwww
はい!全身センサーの音波さんがステルスモードのアダムスを発見しましたよ~!
「やあ、コスモス。君のことも招待していいかな?」。
音波さん、満面の笑み(たぶん)(^∇^)ノ

「ひえっ!!悪いけど、サウンドウェーブ、ご招待は辞退するよ。
僕はこの辺をちょっと散歩していただけでね――」と言いつつ、
rid43_3 001
音波さんの大事なカセットデッキに
ミサイルをくらわすアダムス~(*`へ´*)


警報が鳴ってオトボの襲撃だと緊張が走りますが、
やる気満々のブロウル、でもふわふわしちゃって体勢が取れず、
「だれか~~~助けて~~体が言うこときかないんだよ!」wwwwww
rid43_5 _1
「ケケケケケ!俺がいつも言ってるだろ、レーザービーク。
勇敢な戦士なんてこの世には存在しないってな」
「それな!ついでに言っとくが、あいつは最初から勇敢な戦士なんかじゃないぜ」
今回はこの子たちのツッコミがさえまくるわwwwww

2人に突っ込まれているけど、それどころじゃないブロウルwww「だれか~マジで~助ケテ」www
ふわふわした挙句、天井の壁(マグネットだね♪)にくっついちゃったブロウル。
アストロの酸素供給に問題か?とかセンサーが作動しないとかみんな勝手にしゃべくってて、
だれ一人ブロウルのこと、構ってくれないよ💦
rid43_6.jpg
ジョーンズはまだブラックロックCEOのことを信用していないというか、
彼の正体がわからないと警戒しているみたいですね。
まあ、ギルガメッシュの子孫なんてトンデモな設定出してくるヤツだもんねwww
しかも以前の経歴が何も残されていないらしい。昔からサイバトロニアンと繋がっている一族らしいけど、
正体ははっきりとEDCもつかめていない様子。
ま、でも、使えるもんなら怪しいオヤジでも使っちゃえってことなんでしょうな。

外では撃たれても反撃せず話し合おうとする音波さんを、
「来れるもんなら来てみろ~」と煽りまくるアダムス。やめて!音波さん戦うつもりないんだから!
アダムスの“WAKA WAKA!”ってなんぞ?と思ったら、
アメリカのコメディ人形劇“Fozzie Bear”に出てくる有名なセリフだとウィキ先生で知りました。
rid43_7 001
今回のコンドル&バズソーのツッコミも人形劇に出てくる
Statler&Waldorf(爺さんコンビ)がモデルみたい。
面白いからようつべでぜひチェックしてみてください♪

攻撃を仕掛けてくるアダムスを押さえつけて説得する音波さん。
でもディセプティコンの音波さんの言葉などアダムスは信用するはずもありません。
もともと大戦が始まったのも、プライムの圧政に対抗するためだったと言う音波さんに、
アダムスは大戦の中で最も凄惨な戦いと言われたVaras Centralusの話を持ち出しました。
音「我々は間違いを犯したんだ。
それは戦争が起こった原因よりも、自分が信じていた
カリスマ的なイデオロギーのある人物の言葉に従っていたからだ」
アダムス「メガトロン」
音「ああ、今はオートボットに趣旨替えした人物だ」

rid43_8 001
アダムスは何で自分のステルスモードを見破ったのかと質しますが、
音波さんの聴力が並外れたものがあるのよ。ふふふ、わかって?
音波さんはアダムスにここは自由で平等な社会を営むためのコミュニティーだと話し、
出来得るならスペースブリッジを使わせてもらえるように
お前たちの主人に相談してほしいと持ちかけました。
音波さんはプライムのことを言っていたようですが、
自分たちに主従関係などないとアダムスはちょっとムカっとしている様子。
音波さんはアダムスに賢い友人と呼びかけ、自分たちのコミューンに合流するようにお誘い♪
ディセプティコンの楽園なんぞに行けるか!と思っているアダムスですが、

「我々は戦いや憎しみから解放される場所、
そしてプライムへの服従から逃れる場所を提供しているんだ」

この言葉にアダムスはかなり心動かされた様子。
どうやって連絡を取ればいい?と尋ねたアダムスに、
「私の名を呼べばいい。私には聞こえるからな」。
千里眼ならぬ千里耳の音波さん(*´∀`人 ♪

rid43_10 001
音波さんを信用したアダムスは、オニクス社が古代サイバトロンの技術を応用した
オペレーションシステムを持っていることをこっそり教えてあげました。
その上で人間と同盟を組むのはいいがあまり信用しない方がいいとアドバイス。

音波さんは、人間と協力関係を結んでいるのは目的を達するための手段でしかないときっぱり。
安心したわ、人間なんて絶対に信用しちゃダメよ、音波さん😊
アダムス「俺たちはプライムのもとではみんな平等ってことだな」
音「サイバトロニアンはすべて平等ということだよ、コスモス。
彼らが悪いわけではないが、人間は我々とは異なる。人間は地球上のどの動物とも異なる存在だ」
アダムス「どのドローンともな」 音「その通り」


コミューン内に戻った音波さん。ここのコンピューターシステムは聞きおぼえのある言語だというと、
ブラックロックは古代サイバトロンのシステムを使ったんだよとあっさりと認め、
好きなように使ってくれと気前よくサービスを提供してくれましたwww
ため息をひとつついた音波さんにコンドルちゃんとバズソーちゃんが肩ノリ😊
コンドルちゃん「キキキキ!なんだか気もそぞろって感じだな、ボス」
音「ああ、それはもう宇宙の膨張並みに考えることが多すぎてな。
どうしていつもこんなにごちゃごちゃと面倒なことばかり起こるんだろう」
バズソーちゃん「あんたがそれを望んでいるからだろ。
おかしな奴らはずっと閉じ込めておけばよかったのさ」

rid43_9 001

アーク7に戻ったアダムスにアーシーは結果報告を促しますが、
いたって平和に見えたぜとだけ言って、さっさと自室へ戻ってしまいました。
そこに相棒が戻ってきたのがうれしいD.0.C.がやってきました~😊😊😊
「お前が言った通りだったぜ、相棒」
疲れ切ったアダムスはリチャージスラブに横になり爆睡。
D.0.C.も同じスラブでお休みなさい。
この子、寝るときはコードをくるくると丸めて寝るのね~♪

なにこれ、すごく和む図なんですけどヽ(≧∀≦)ノ
rid43_11 001

今回は音波さんがたくさん出てきた回なので個人的にうれしかった///////
おそらくアダムスは音波さんのコミューンに合流するんじゃないかな、と。
D.0.C.とアダムスの強い絆も感じるイシューでした。
音波さんの理想が実現できるといいんだけど。。。
まだまだ道のりは遠いという気もします。。。







関連記事
スポンサーサイト
2017/11/25 Sat. 15:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/398-e3d380ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: