FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

もざみち(MTMTE) #48 Speak, Memory: Part 1 

【ラング先生のオフィス】
スキッズの失われた過去を探るセッションをアーク6の模型を組立てながら行っています。
合間合間に入る、過度の丸いコマがスキッズの過去の出来事です。
3179サイクルのころ、スキッズはある特殊な爆弾処理の任務を行っていました。
地雷のふたを開けるとそこには生きている顔が~~((((;゚Д゚)))))))
これはデ軍が作った“対人格性地雷”。
オトボの捕虜を使った生きた地雷ってこと(°_°)

スキッズ曰く、このタイプの爆弾を解除するには、
ブレインモジュールの配線の解除、つまり対象者を殺さなくてはいかないのです。。。
でもしゃべったり、命乞いする地雷ですものね、、、つらい(´・_・`)
しかもパニックになったり慌てたりと精神的に動揺すると爆発するってシロモノ。

地雷の名はヘビートレッド。スキッズのことも知っているようですね。
死にたくない、助けて欲しいと懇願するヘビートレッドに、
「それはできないが、話すことなら、一緒にいることならできる。
その後はプライマスがお前の面倒を見てくれる。必ずな」
ここで初めてスキッズの顔が出てきます。右頬にはミニチュアマトリクスのタトゥーが。
MT48_1 001
「あんたは俺がこんな目に遭っても何もしてくれない、
あの神を崇拝しているのか!?」
感情の引き金を引いてしまい、
へビートレッドは爆発してしまいました。。。


爆発で吹っ飛んだスキッズはデ軍の掃討部隊にとっ捕まってしまいました。
テイクオフたちが乗っているのはディセプティコン・ウォーカー。
オープンコックピットと二基の全方位レーザーキャノンを装備している移動兵器です。
スキッズたちオトボの捕虜が連れていかれたのはサイバトロン星にある
悪名高き強制収容所“グラインド・コア”です。
デ軍のシンボルマークを象った巨大な入口が怖い……Σ(゜Д゜)ノ

入口の近くではオトボの死体が焼かれていて、
イメージはナチスの強制収容所という感じでしょうか。。。
この後のことがなかなか思い出せないスキッズに少しずつゆっくりでいいとアドバイスするラング先生。

グラインド・コアで新入りの手続きをしているのは、
D.J.D.に殺されたあのスカベンジャーズのフライホイール!
スキッズはここが「フィッティング・ルーム(試着室)」と呼ばれていたことを思い出しました。
フライホイールが出したのは抑制スパイクと呼ばれるもので、
口に装着してTFコグと連動して変形しようとすると脳みそグチャリ💦💦💦としてしまう抑制装置。

スキッズはフライホイールの背後で、
抑制スパイクが組み立てられている様子をしっかりとチェックしています。
スキッズの後ろに並んでいたレヴ・トーンは口がないタイプですが、その場合は……
無理やりお口を作ります~~www
MT48_2 001
ヤバそうなドリル持っているのは、LSOTWに出てきたストーカー。
ガーラス9でオバロ様の腰ぎんちゃくみたいになったヤツで拷問担当でしたwww
ドレッドウインドとフライホイールの会話の部分はスキッズの記憶があいまいで、
ところどころブランクになっています。

スキッズは疲れた様子ですが、グラインド・コアの所まで思い出せたことで満足していますね。
ラング先生も拍手をして褒めています。
“増加式記憶法”というのは、何度も同じ関連の出来事を記述して詳細を考察することで
さらに先まで徐々に思い出していく、という方法のようです。
スキッズはもざみち8話での、クロムドに記憶手術を断られた話を持ち出し、
あの時手術をしてもらったらもっと早く思い出せたと愚痴りますが、
ラング先生いわく、記憶手術はトラウマを引き起こす危険を伴うので、追加式記憶法の方が
スキッズには合っているとのこと。

そうこうしながらアーク6が完成して大喜びのラング先生。
何回同じ船を組み立ててんだと笑うスキッズに何千回かもうわかんないって、先生~ww
メディベイにあるサブスペースハッチを使って、新しい模型をホイルジャックが送ってもらえばと
スキッズが言うと、ラング先生「いいんですよ。乗ったことのある船だけを集めているんですから」。
ラング先生はなんとアーク1のメンバーだったらしいのですが、
離陸直前に議会から呼び戻されたと。
その後ラング先生はサイバトロンを離れますが、ラング流セラピーが廃れて時代遅れとなり、
ライバルのフロイド流分析が主流になっていたのが理由だそう。

今回のセッションはラング先生の親指にしっかりと録音。
スキッズのブレインにリモートアップロードできるって、便利だな(´∀`*)
来週のセッションのスケジュールを確認しているときにラング先生に来客が。。。
なんと!!噂をすればなんとやら!
ラング先生のライバルである精神科医のフロイドがサプライズ訪問!!

MT48_3 001
フロイドは首に青いオーブのようなものを2つぶら下げていますが、
スキッズの回想シーンでフライホイールも同じものをぶら下げていました。

フロイドはスキッズに、自分は精神分析医で法医学心理学者で犯罪プロファイラーだと紹介。
なぜかラング先生はあたふたしながらメガネを拭いたりしてますがwww
ラング先生はフロイドがすでに死んだと思っていたと。。。
戸惑うラング先生に親し気にハグをするフロイド。
フロイドがぶら下げているオーブは“プライマルビーズ”というもので、
スキッズの頬にあったマトリクスのタトゥーと同様、
プライマス神への信仰の証だとか。

信仰を捨てた理由をフロイドに訊かれたスキッズは、詳しい話は眉毛に聞いてとかわしますがwww
「もう少し詳しく知っていたら……」とタトゥーのあった頬を触りながら去っていくスキッズ。
なんか意味深なカットですね。


【ロストライト・メディベイ】
ロストライトの周辺では、何かを祝う花火を模したライト・エフェクトが盛大に上がっています。
そしてメディベイでは。。。
ナスさん~~~!!!!
無事だったのね~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

テイルゲはまた目覚めていないようですが、
テイルゲが放ったあの光はエネルギー波だったそうで船が揺れるほど強大なものでした。
優しくテイルゲに触れるナスさんの姿に改めてウルウル:(´◦ω◦`):
MT48_4 001
背中にはいくつもの弾丸のあとが。年取って体がかたくて傷が見えないというナスさんですがwww
ロッティいわく普通の人ならズタズタになっているはずってことなので、
ナスさんの強靭さがわかるわ~www
そこにやってきたのが、被害者のメガ様と事の真相を探っていたロディ。
ナスさんは思わず身構えますが、メガ様は謝罪に来たとのこと。
ナスさんも自分とテイルゲが引き起こした騒動をメガ様たちに詫びています。
そして今回の騒動の真犯人も突き止めることができました。
意識のない状態のテイルゲの記憶をクロムドが探った結果、
黒幕がゲッタウェイとアトマイザーであることが判明。

ナスさんは意識がない者にネモサージャリーをするのは違法ではないかと疑問を呈しますが、
ロディがGOサインを出したようで、記憶操作にトラウマを持つメガ様は反対していたようです。
ロディは面倒なことはさらっと流して、さっさと話題を変えちゃいましたよww
「見てみろよ!今日は良いニュースがあったってお祝いしているんだぜ!
サイクロナスが復活したってな♪」

ナスさんは自分のためにこんなに……と感極まっているようですが、
ヴェロシティがきちんと現実を話してくれました(* ´ ▽ ` *)
この花火(もどき)はナスさんを祝うのではなく、昏睡状態だったサンダークラッシュが復活したため。
サンダース様のお目覚めのきっかけとなったのはテイルゲのエネルギー波でした!
これだけ盛大に祝ってもらえる
サンダークラッシュ様はやはりものすごい人気者なのだわ❤


【ラング先生のオフィス】
一方、久々の再会なのにぎこちない会話をするラング先生とフロイド。
ラング先生はいまだにずっとメガネを拭き続けているよヽ(´∀`)ノ
二人は随分とご無沙汰だったようで、最後に話したのはテトラヘックス・リッパー(切り裂きジャックみたいなサイコかな)の正体が暴かれたときとラング先生。
記憶外科医のデカイ針でわかるように切り裂き魔の正体は記憶外科医のSunder(サンダー)。
フロイドのプロファイルで共犯者は兄弟のSceptre(セプター)と判明しました。
サンダーは著名な記憶外科医でしたが、なぜか突如として中立派を次々と殺害。
さらに驚くべきはフロイドのこの言葉。
「私はサンダーに惹かれたのだよ」

捕まった兄弟はガーラス6に移送される途中で“警備員が全員カギをし忘れたため”、
同乗していたフロイドを人質にして脱走。逃走に使ったシャトルは爆破されましたが、
セプターだけが死んで、サンダーとフロイドは生き残ったと。
その後スカーヴィックスで精神科医として成功したフロイドでしたが、
「まあ、生きていたよかった」と
ラング先生、すごーく塩対応ですね。。。

フロイドは飾ってある模型の中に「フェイトフル・アーキタイプ」があることに驚きます。
フロイドに来訪の目的を糺すと「患者の記録を見たい」
守秘義務があると拒絶するラング先生に、生死にかかわることだとしつこくせまるフロイドですが、
ラング先生は「最大の間違いはあなたを信用してしまったことです」と。。。
やはり、この2人にはただならぬ確執があったと思われ。
↓なぜかメガネを外してメガネ拭きしながら応戦するラング先生www
MT48_5 001

【ロストライト・オイル貯蔵庫】
スキッズはオイル貯蔵庫でグラインド・コアの記憶をたどっていました。
スキッズの同房者は科学者のクォークだったんですね!
スキッズは入監手続きのときにちらりとみた抑制スパイクの制作現場から仕組みを割り出し、
自分の口にはめられるときに技術を盗んだとのこと。アウトライアーのスキッズの能力ですね。
クォークから抑制スパイクを除去する作業を行っています。

見事に抑制スパイクを外したスキッズ。クォークはロボットモードに戻りました。
スキッズがアウトライアーだと知ったクォークは、能力のことは黙っていた方がいい、
とくにあの指揮官にはと警告。枷がなくなったスキッズは早速脱走計画を立てますが、
クオークが「以前、やつらは音楽を流していたんだ。今はもうしていないが」
話したとき、廊下から看守らしき声が。
クォークは急いで顕微鏡に戻りますが、ブランクになった看守らしきセリフの中で、
?「なにか祝うことがない限り、音楽は流さないさ」
その声を聞いたスキッズ 「これは〝   〟の声だ!」
?「だれも〝    〟しないのか?私は〝     〟したいのだが」

💡💡💡この声の主わかったぞぉ~~~~!!!!!💡💡💡

【ラング先生のオフィス~シャトルベイ】
フロイドの脅迫にも屈せずに断固としてカルテを見せるのを拒否したラング先生。
精神科医にはハッタリが通じないとフロイドも諦めたようですが、元親友に良心の呵責を覚えたのか、
何か手伝えることはと聞くラング先生に、ひとつだけあるとフロイドは言いますが。。。
シャトルベイにいるすっごくかわいい新キャラの赤&黄コンビの2人は、
赤の子がKindle(キンドル)、黄色の子がFervor(フェ―バー)。

MT48_6 001
今日からシャトルベイの警備を担当するようになったとのことですが、
ラング先生がフロイドに別れのあいさつをするというとフェ―バーが
「ようやくですか。マグナスに伝えていきます」というセリフにラング先生が「???」
ウルマグ氏がフロイドを早く追い出したかった理由がこれです。
なにやら猛獣の檻があるぞ~~~wwwww

フロイドは自分のシャトルにサンダーを乗せて、見世物として使っていたと((((;゚Д゚)))))))
もともとサンダーにシンパシーを感じていたフロイドは、サンダーと仲良く“共存”していたんですと!!

そしてシャトルの壁には14もの方言で書かれていた
悪墜ちしたプライマスの弟子“モーティラス”と”デス・ブリンガー”の文字が……Σ(゚д゚|||)
サンダーは内なる罪、とくに精神科医が隠すような罪に興味を抱いていると。。。
ラング先生は、フロイドとサンダーの距離があまりに近いことを懸念して、
患者と医師が互いに共感し依存してしまう「ロックセット症候群」だと指摘します。
それを聞いたフロイドは「フェイトフル・アーキタイプ」のことを思い起こしていました。
ラングは不正行為の嫌疑を受けて裁判で有罪になり医師を除名されていたのです。
フロイドとは違い、患者との距離が離れすぎていたうえ、過度に自己顕示していたというのが
裁判での罪状。ラング先生は判決は誤りだったと主張していますが。。。
アーキタイプは死んで生き残ったのはラング一人だったため、裁判などなかったことにして、
知らん顔をして仕事を続けてきたとフロイドは糾弾、
「サンダー!お客さんだ!こいつが昔話したラングだ!
ペテン師のラングだよ!良く見てみろ!」

サンダーは相手を見ることで頭の中に入り込み、
その人物の記憶を味わうという、もうハチャメチャな技を持っていて、
隠している記憶ほどおいしい(って、なんなんだよぉおお)らしい。
フロイドは研究に協力してもらう代わりにおいしい記憶をエサにしてあげるという、
イミフな共存をしていたんですね。。。だから患者のカルテを欲しがっていたと。
進化したサンダーは遠隔精神外科手術ができる能力をゲット!!
つまりだー、見るだけで相手を攻撃できちゃうってわけーーーー!

↓やばい、怖い、こんなに近くでガン見されたら、マジ死ぬ~~~💦💦💦
MT48_7 00

ラング先生ピンチ!ってときにスキッズが助けに来てくれました!
スキッズが来たのは例の遠隔アップローダーで、
ラング先生からここで会うというメッセージを受け取ったからだそうですが、
ラング先生はスキッズにここから離れろと警告。
その間にプライマルビーズがコロコロと転がり……
くぼみに装填されたよぉwwww
フロイドが下げていたのはプライマルビーズではなくサンダーの目玉だった~~w↓やばい、夢に出てきそうwwww

MT48_8 001
フロイドはサンダーの目玉を外してダイエット?させておいて
おいしそうな食事があったら一気に食わしてあげると💦
ラング先生、スキッズとメニューが揃っちゃったよ💦


次のスキッズのコマは左が現在ですが、右側は角が丸い、つまり過去のシーン。
オイル貯蔵庫では思い出せなかった、看守らしき声のセリフが鮮明によみがえります。
「だれも私を中に入れてくれないのか?私は新入りに会いたいのだが。
我らがマルチタレントが新たに到着したのだからな」

MT48_9 001
グラインド・コアの指揮官は……
先ほどのひらめきどおり、やはりこの人でした!
ターンは親し気にスキッズに声をかけます。
スキッズ自身のことも、スキッズがアウトライアーだと知っている=
やっぱりローラーじゃん!?というトラップは
ここでもまだ有効に見えますが……。


8話でクロムドが記憶探査を中断したときにスキッズが言っていたメロディ、
つまりターンのあれ(The Empyrean Suite)しか記憶に残っていなかった
グラインド・コアの秘密を少しずつ思い出し、
スキッズの過去にクォークも絡んでいたことが明らかになってきました。
生きていたフロイドの登場でラング先生の秘密の一端が垣間見えたりと、
シーズン2終了に向かって助走が始まったという感じのイシューですね。







関連記事
スポンサーサイト
2017/12/30 Sat. 17:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/402-3632196a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: