FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

もざみち(MTMTE)#54 The Dying of the Light Part 5: Rage, Rage 

注意:実はこちららのイシュー、まだシーズン2読み始めたばかりのころに、
Googleプレイで売ってる♪と購入して、うっかり読んでいしまい、
ものすっごーショックを受けて大後悔しました(´;ω;`)
なので#53まで進んでいない方はまだ絶対に今回のグダグダ感想文、
読まないでくださいね~~!!


【NecroWorld】
とうとうロディマススチームVS元デ軍訳アリ連合軍の決戦の火ぶたが切って落とされました。
巨大なマキシマスアンバスはほとんど要塞状態www
MT54_1.png
両肩には砲台まであって、スワーブとリワ君がもうやる気満々で撃ちまくってます♪
あれだけ高い場所から撃ちまくるってのは、チビのスワーブにとっては快感なんでしょうなあ(^∇^)
リワ君は中の人=ミニマスに兄弟であるドミナスのことを伝えようとしますが、
知ってか知らずか、今戦闘中だからとやんわり遮るミニマス。

そしてこちらはオバロ様💖////
飛行モードのナスさんを一撃でなぎ落としたオバロ様✨

そこに現れたのはリワ君の復讐に燃えるクロムド。
オバロ様ったら二人が夫婦だったこと、ちゃんと知ってるのねヽ(´∀`)ノ
表ロスライでオバロ様とリワ君を乗せたセルが切り離されたあとの状況を、
ねちりねちりとダンナに伝えるオバロ様www
「非常に残念だが、君のちっぽけなお友だちはミサイルが直撃する前に死んだよ。
痛みのあまり正気を失う前にね、ふふ、私が手足を3本引き抜いたのだ。
まったく彼の叫び声はうるさくて仕方なかった!そうそう、ずっと君の名を呼び続けていたよ。
”ドーミー!ドーミー!助けて!”ってね。
叫び声を止めるには、彼の頭の口の中に入れなければいけなかった。
それからね、ぶちゅっと!彼の痙攣がやむまでぐちゅぐちゅにしたのさ(๑´ڡ`๑)

MT_54_2.png
オバロ様~~💦クロムドの前でなんて意地悪なの~😱素敵✨✨✨
しかし愛の力は偉大なり!!なんと怒りのあまり、
ディセプティコン最強戦士のオバロ様をワンパンで倒したクロームドーム!

そのクロムドをニッケルがヴォスの変形したライフルを使って狙撃。
ニッケルはメガトロンがいないことに疑問を抱き、デスザラスもオトボの猛撃に戸惑っているようですが、
ターンは最後の悪あがきだと一笑に付しています。。。甘いな、ターン( ´_ゝ`)

【Earlier(戦闘が始まる前)】
ロッティ先生は前回のラッちゃん先生との会話であることを発見しました。
曰く、テイルゲのスーパーパワーは、強烈な精神的ショックによる、
突発的なスパークの発作が引き金となってアウトライアー化したと。
そしてそのスパークの発作で生じるエネルギー波は周囲の人々にも影響を与えるということ。
現場にいたセキュリティーチームの極度の疲労感は、エネルギー波を受けた側にもスーパーパワーが与えられた、つまりアウトライアーが伝播したという驚きの事実が(;゜0゜)

つまり、大好きな人が死んでしまう!というほどの猛烈な衝撃を受けることで、みんなパワーアップしちゃうってこと!!
でもノーティカの言うように、パワーアップするために誰かを精神的に追い詰めることは、
倫理的にどうかと思いますよね。。。
その役割を担うとボランティアとして手を挙げたのがスキッズでした。
もざみちの#8や#49でも、クロムドがスキッズの記憶を呼び起こすことを躊躇していましたが、
スキッズは今こそ自分の記憶を蘇られてその衝撃波をパワーアップに使うように願い出ます。
やはりあの記憶は危険すぎると依頼を断るクロムドでしたが、
最悪のタイミングでそこに流れてきたのが、攻撃開始を告げるターンによる”天上の組曲”。この曲こそがスキッズの負の記憶を呼び覚ますトリガー。
とうとうクロムドもスキッズも覚悟を決めました。

MT54_3.png
エネルギー波を受けられるようにクルーを二人のそばに集めてからクロムドはスキッズに、
「OK、相棒。音楽に集中してくれ。
君がこの曲を最後に聴いたときのことを思い起こすんだ。これから僕がいくつかの言葉を言うよ。
それが……そうだな、やってみればわかる。幸運を祈る」

<<グラインドコア、マウスフラワー、指揮官……クオーク>> 
スキッズのオプティックの中に、溶鉱炉で断末魔の叫びをあげるクオークの最期が蘇ります。強烈なショックにより爆発的なスパークの発作が起こりました。。。
MT54_4.png

デスザラスが驚いたオトボの信じられない強さは、
こうして得られた力でした😢

敵に囲まれたロディは "Flame Out"というトンデモな炎技を披露wwwでもこれってだいぶ前に使ったことがあるってロディの持ちネタだったのかwww
ウィキ先生によると” Maximum Dinobots #3”で使われていたということですが、いつの時代かね??
ところがどっこい、3分間が経ったため(嘘)、パワーがしぼんでしまいましたよ~~💦

【The Fortress(ネクロボット要塞)】
力を開放したスキッズのスパークは極めて危ない状態にありました。そこにメガ様がやってきます。
スキッズが身を賭して力を与え、外では命がけでみんなが戦っているにもかかわらず、
自分の体調が心配なのかと、強烈な嫌味を放つラチェット。メガ様はラチェットに心情を告白します。
「俺はD.J.D.など恐れてなどいない。俺が恐れていたのは、昔の自分を呼び覚ましてしまうことだ。
外に出て敵と本気で戦ったら、もはや止めることなどできないのではないか。
それどころか、止めたいという気持ちさえ起らないのではないかということが恐いのだ。
毎日が戦いだったよ、ラチェット。すべての時間が戦いだった。
内なる自分との戦いだ。どちらが本当の自分なのか知りたかったのだ」

自分が戦場に出たら再び戦争が起こる。
それを避けるためには、強さを抑制したり、精神的な変化を受けても
フールスエネルゴンの投与をやめることはできないとメガ様は語りました。

それを聞いたラチェットは驚くべき事実を伝えます。
MT_54_5.png
フールスエネルゴンは”プラセボ”つまり偽薬だったと(;゜0゜)
DCのあとメガ様は裁判に掛けられましたが、その時にラチェットによる医療所見で、
メガ様の体の内部がショックさんとの戦いで著しく損傷を受けていることを知ったオプティマスは、
化学的な鎮静剤を投与してしまうと、非合法的な虐待に近い処置になると危惧したんですね。
そこでプラセボを抑制剤と称して投与することに。
その処置をメガ様が拒めば、メガ様に二心ありとみなすことができると判断したわけです。
メガ様は自身の力が抑えられ、感情にも変化があったと実感していましたが、
ラチェット曰く、メガ様自身が薬の効果と思い込み、無意識に戦いへの欲求をコントロールしていた、
いわゆる”プラセボ効果”だと指摘。

そのとき。ラチェットの背後にあるモニターに衝撃的な映像が映し出されます。ターンに体を引き裂かれるラヴィッジ……。今まで見たことのない呆けたようなメガ様の表情が、すべてを物語っています。。。
MT54_6.png
意識を取り戻したスキッズが起き上がろうとしてスラブから転がり落ちました。
これ以上動くと死んでしまうと叫ぶラチェットに声を絞り出すスキッズ。
「ブレインストームの所に行かなければ……俺がやってしまったことを……
俺は……俺は最低のヤツなんだ、ラチェット……」

もざみち#2のスキッズ初登場回で、記憶を失っていたスキッズは自分の名を”SCUM”(くず野郎)と呼んでいました。記憶を失っていたときも、グラインドコアの出来事が澱のように心の奥に沈んでいたのか…と(´;ω;`)
ラチェットがメガ様に手助けを頼みますが、メガ様の姿は消えていました。
そのブレインストームはパワーアップしてデ軍と戦っていますが、その効力が切れてしまいます。
そばにあったスキッズの像に語り掛けるブレインストームですが、台座の上の像が消えていました。
これが意味することは、すでにみなさんご存じだと思います。・゚・(´^`*)・゚・。

スキッズはグラインドコアで自分の犯した行為を後悔しながら、
静かに死を迎えました。。。

MT54_7
グラインドコアで起きた出来事もざみち#49はターンにスキッズが騙された結果、引き起こされた悲劇とはいえ、死ぬまぎわにスキッズは、ブレインストームが愛したクオークを結果的に死に追いやったことを、謝罪するつもりだったのでしょう。

アウトライアーのスーパーパワーが切れて、敵に囲まれてしまうロディマスたち。
万事休す……そのとき!フュージョンカノンが火を噴きました!
メガ様が戦場にやってきたのです!!

息を飲んでしまうほど、呼吸が止まってしまうほど、
メガ様があまりに素敵過ぎて……泣きたいよぉ~(☍﹏⁰)。

MT54_8.png
メガ様の強力なフュージョンカノンによって掃討されていくデ軍連合軍。
その様子にデスザラスたちも浮足立ち、退却するように進言しますが、
メガ様の力が抑制されているのを知っているターンはそれを一蹴。
MT54_9.png
と言いつつ、D.J.D.にはこっそり撤退を指示しながら、
(こういうところ、ホントムカつく💢ニッケルの苦々しい表情から彼女の不満が感じられますね😠)
デスザラスの兵士たちには、メガ様を集中攻撃するように命令。
フュージョンカノンによって兵士たちが全滅してしまうと、
二の足を踏むデスザラスを恫喝するターン(*`へ´*)
デスザラスは渋々、メガトロンを狙えとすべての部隊に命令を下しました。
対等な関係で同盟を結んだはずなのに、
なんでザラス様はこんなにターンの言いなりになってるの!?
ザラス様にはもうちょっと根性見せて欲しかった。。。


瀕死のラヴィッジをそっと抱きかかえるメガ様。
そしてロディたちにラヴィッジを連れて要塞に引き返すように指示。
メガトロン一人を置いていけないと渋るロディをメガ様は一喝。
ロディたちが引き上げたあと、ターンの名を叫び、出てくるよう要求します。
ところが、ニッケルとヴォスの狙撃によってカノンは破壊されてしまいました。。。
膝をつき、うつむくメガ様の前にターンとオバロ様が現れます。
MT54_10.png
「お前の言った通りだな、オーバーロード。
カノン砲なしでは彼はまったくの無力だ」

要塞内ではその様子を見守るロディマスたちと、
瀕死のラヴィッジを治療するラチェット&ヴェロシティ、そして、
大事な人を亡くしたノーティカがスキッズの亡骸を抱え、スキッズを大切なお友だちだと思っていたテンちゃんが悲しみに暮れています。。。

「貴様が死を迎える前に、私の目を見て答えてくれ。たった一つの、とてもシンプルな質問だ。……それは価値があったのか?」
今まで黙ってうつむいていたメガ様がターンの言葉にハッとして顔を上げます。
「一緒にやるか?」と、メガ様を倒す念願がかなうオバロ様もうれしそう💦
モニターを見るロディの前で銃声が3発響きますが……。

MT54_11.png

次号のシーズン2最終回に向けて怒涛の展開ですね。
でもスキッズがこんな形でスパークを失うのは辛過ぎます。
スキッズにはルナ1で遭遇した謎のエリアや、ラング先生とのいきさつなど、
まだまだいろいろとキーマンになりそうだったのに、なぜここで……(´;ω;`)


それと、メガ様がいかにジャガーちゃんを信頼していたか、
戦いへの欲求が覚醒するきっかけとなったことで今回、ひしひしと感じました。
ジャガーちゃん(ラヴィッジ)は自分を見失いそうだった音波さんを救い、
デ軍創設時からメガ様を支え続けた古参兵士で忠義の士でもあります。
メガ様が心から信頼する数少ない部下というか同志だったんだろうな、と。


とうとう次回はシーズン2ファイナルです。
ALL HAIL MEGATRON!!







関連記事
スポンサーサイト
2018/05/14 Mon. 01:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/415-950c6691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: