FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

LL#14 The Ties That Bind 

【数年前の出来事】
嗚呼~~(´;ω;`)今は亡きショックさんが、
たとえ過去シーンとはいえ出てきてくれてうれしいっ(*>_<*)ノ

※ユニクロン誌読む前の感想だとお思いください💦
LL14_1.png
おお、これは!LSOTWのあれですね、
ガーラス9でオバロ様と取引して解放されたときの!
このとき、ショックさんと一緒にスコルポノックも解放されたんだ。。。
他にはスカベンジャーズでD.J.D.に殺されたフライホイール(合掌🙏)、
トロージャメイジャーでアノードたちを襲ったフレイムなどの数人のデ軍囚人も同時に解放されて、
小型宇宙船で移動している途中のようです。
オトボに仕返しする気マンマンのスコルポノックに対してショックさんは、
「”オートボット”、”ディセプティコン”。
私にはそんな枠など超えた計画があるのだ」。

そうか……もうすでにダークサイバトロン計画を実行に移すとショックさんは考えていたんですね。。。

スコルポノックは同じイカレ科学者だったブラジオンとショックさんを重ねて見ているようですが、
フライホイールみたいな使えない部下を引き連れているようじゃ無理じゃね?的なこと、
本人たちの前でスバリ言っちゃってるよヽ(´∀`)ノ
そのときショックさんのもとに通信が入ります。相手はこの人たち!!
LL14_2.png
「私はいくつかの名前を持っているが、今はターンと呼んでくれ」
とえっらそうに💢通信してきたターンですが、ターンの正体はもともとショックさんが運営していたジアクシアンアカデミーの、出来損ないの生徒だと知っているショックさんは、
「お前のことはダムスと呼ばせてもらう」wwww
とまあ、あっさり本名で呼ばれたターンですが(グリッチが本名だと勘違いしていたメガ様と違い、ショックさんは本名がダムスだと知ってるところがミソですね♪)、ダムス(ってアタシも呼んじゃうw)は、ショックさんが恩師であることから一応は「議員」と呼んでいますが。。。
さすがショックさん、すでに自身がD.J.D.リストの筆頭に入っていることまで知っている様子。
この程度では動じないのか、交渉上手なのか、ショックさんは一緒にいるスコルポノック
(すでにイカレ科学者もリスト入り)含めまとめてお前にやるという交換条件を提示。
それを盗み聞きしていた、フライホイールとフレイムは自分たちがD.J.D.に売られると超動揺💦
↓ここでターン、驚きの素顔公開~~www
下手にイケメンだから余計に腹立つがwしょせん全身整形だからなw

LL14_3.png
ショックさんのオファーは当然のことながらキックしたターン。
さらにダムス時代の能力(って誰も覚えてないがなw)のパラライジングで、
通話相手のショックさんを麻痺させていまいます~((((;゚Д゚)))))))

もともとのアウトライアーの能力に加え、最強戦士となったターンはショックウェーブなど歯牙にもかけない様子。条件を飲むどころか、みんなまとめてやってやるよと強気の姿勢を崩しません。
ショックさんの異変に気付いたスコルポノックに、盗聴していたフレイムがD.J.D.襲撃を伝え、彼らは宇宙船から脱出しました。ショックさんはかろうじて通信機器を破壊しますが、通信が途絶えたのはショックさんのせいではなかったんですね!
D.J.D.の近くに新たな宇宙船が出現。ブラジオン(今回はイカレ科学者勢ぞろいだなwww)とモンストラクターのTorment号が姿を表したのです。
ターンがショックさん殺害を諦めて撤退するってことは、
落ち武者&モンちゃんチームの方が、D.J.D.より強いってわけか?
もしくはイカレ科学者チームが結託すると思ったのかもしれんな。。。


【現在の出来事】
12話の幕間劇で、謎のポータルにスカベンジャーズと共に引き込まれてしまったニッケルは、トロ―ジャメイジャーに飛ばされていました。誘拐ではないけど不本意にいきなり知らないところに連れてこられて、懸命にザラス様にメッセージを送っていますが。。。
スカベンジャーズという売れないお笑い芸人たちwwwとなぜか一緒だし、天気までイカれている場所で、昔の友人(=ターン)の顔に傷をつけたグリムロックまでいると、ニッケルのフラストレーションはマックスヽ(´∀`)ノ
LL14_4.png
スカベンジャーズはトロ―ジャメイジャーにあるCurios and Rumored Objects博物館でキュレイターしてるアゴナイザーからある依頼を受けていました。アゴナイザーの依頼は例の Magnificenceを取り戻してくれというもの。
LL#9で、カタルシアンのメンゲル女史の工房にあった Magnificenceはフレイムたちによって奪われましたが、フレイムと契約をしていたメンゲル女史は今回の一件で命の危険を感じて、今までの確執も超えてアゴナイザーのいる博物館に身を寄せていたものの、なんと!メンゲル女史は黒塊軍団によって無残な死を遂げたとのこと。おそらくあのBBA、いろんな裏組織とつるんでいたんだろうなぁ。。。
「 Magnificenceってなんなのさ~?」と疑問を呈すニッケルに対し、
「目玉の形をしたサーチエンジン」と、実にざっくりと答えたスカベンジャーズの面々www

学芸員のアゴナイザーが事細かく説明してくれました。

【Magnificence(マグニフィセンス)とはなんだろう?】
”Ki-Aleta(キ-アレタ)”を本拠地にしていた古代民族の”オメガ・ガーディアン”。彼らは謎の文明”Higher Realms"と呼ばれる場所に行くことができる民族でした。オメガ・ガーディアンが所有していたものがマグニフィセンスで、彼らがHigher Realmsの世界に旅立ったあと、マグニフィセンスはキ-アレタに残されました。堅牢な場所に保管されていたマグニフィセンスですが、オートボットたちによって盗まれてしまいます。
議員時代のショックウェーブは、マグニフィセンスは今のような「モノ」ではなく、サイバトロニアンだったのではないかと推測していました。しかもその人物はナイツ・オブ・セイバートロンの一人ではないかと。オメガ・ガーディアンはマグニフィセンスを置き去りにしたのではなく持っていけなかった、つまり異なる民族であるため連れていけなかったのではないかと、アゴナイザー自身も推測しているようです。
マグニフィセンスと思われる人物は、ナイツの中で最年長で賢者の誉れが高く、キ-アレタを訪れてかの地で学んだといいます。彼は知識を得ることに全エネルギーを費やしていくうちに体の必要性を感じなくなり、自らの体を放棄したと。その結果が目玉おやじになることだったとwww
確かにナイツを表す5つのシンボルマークのひとつは、マグニフィセンスの形をしています。

LL14_5.png
↑真面目に聞きなさいよ、後ろのピンクの人wwww
マグニフィセンスを取り戻して博物館に収めたいというアゴナイザーの依頼に、
こそこそと密談を始めるスカベンさんたちwww
ニッケルはその後ろ姿に以前の仲間だったD.J.D.の姿を重ねていました。ターンの考え方が受け入れられずに袂を分かった彼女ですが、やはり仲間への想いは残っているようです。。。
大金も入るし、グリミィも元に戻るかもしれないから、はい、決まり♪
LL14_6.png

こうしてマグニフィセンス探しにやって来たスカベン+イヤイヤながらついてきたニッケルの面々。
ニッケルは10%の分け前をもらうってことで渋々来たようですが、
途中からアーティストさんが変わって童顔からいきなり、色っぽいクティビルになったニッケルwww
アゴナイザーによって砂の惑星”Confluence”にトランスポートしてきましたが、
砂漠の大地なはずなのになぜか木々が生い茂っていて、その先にはなぜかワールドスウィーパー号が。そしてスキャナーにはなぜか機械生命体の反応があってなんぞ?と思いきや、
周囲の木々が襲ってきました~~(´∀`*)
LL14_7.png
でもこの木のロボット、どこかで見たんじゃない?そうだ!MTMTE7話でスカベンさんたちが発見した
ワールドスウィーパー号の中にあった木のロボットだよね??
だけどここにはグリミィがいるもんね♪木のロボットをばっさばっさとなぎ倒し、燃やしまくるグリミィに、スカベンさんたちはやんややんやの歓声を送りますが、その様子を見たニッケルが、グリムロックもオトボでありながらD.J.D.リストにあったことを漏らしました。ニッケルはまだ自分のことをすべて話したわけではなかったんですね。。。
「クランクケース、私もメンバーの一人だったの」。
かつて自分たちも殺されそうになり、仲間のフライホイールを失った(お前ら、後から食ったけどなw)
経験をしたスカベンさんたちはニッケルの正体を知って、にわかにザワザワし始めます。。。
( ;゚д)ザワ(;゚д゚;)ザワ(д゚; )

「もういいだろ。彼女はもう俺たちの仲間なんだから」
険悪な状態の中、グリミィがニッケルをかばったのです♪
グリミィが8文字もしゃべった♪とお世話係のミスファは大喜び。

LL14_8.png

そこに今やグランド・アーキテクトの大ボスとなったっスコルポノックが襲撃!!
グリミィは果敢に向かっていきますが、スコルポノックのハンドパワー???によって動きを止められてしまいました💦
こうしてスカベン一行+ニッケルはスコルポノックの手に落ち、戦艦ごと移動させられてしまいます。
監禁された状態で、ミスファはグリミィを発見したいきさつをニッケルに語りました。
フルクラムやクロックはスコルポノックがハンドパワーでグリミィを一瞬で眠らせたことに疑問を抱き、スコルポノックとグリムロックは過去にいろいろな因縁があったことから、グリミィの体になにか仕掛けられているのではと推測。
みんな忘れているけど、かなり優秀な外科医のスピニスターがグリミィの胸を開いてチェックしたところ、
グリミィの胸にマトリクス収納ケース(´∀`*)があったの!!
「そこに入れるのはマトリクスではない。マグニフィセンスだ」
LL14_9.png
カタルシアンから盗んだと糾弾するクロックに、取り戻しただけだとうそぶくスコルポノック。
グリムロックとマグニフィセンスをめぐる過去のいきさつが明らかになりました。

【グリムロックに起こった過去のいきさつはこうだった!】
キ-アレタよりオートボットたちによって(Spotlight: Hot Rod)盗まれたマグニフィセンスは、ガーラス9に保管されることになりました。マグニフィセンスが危険なものだと知ったオートボットは、封印されていたスーパーコンピューター(みたいなもんでしょw)”アキタス”の地下に密かに保管していたものの、さらに突破不可能な安全な場所として、収監されたグリムロックの胸に埋め込むことにしたのですΣ(゚д゚|||)
ショックウェーブがガーラス9を離れるときに、フレイムと共に自身も脱出したスコルポノックですが、マグニフィセンスを手に入れるために、わざわざガーラス9にポータルを使って戻ったのです。こうして無理やりグリムロックからマグニフィセンスを強奪しようとしたスコルポノックですが、胸にあるマグニフィセンスは本人の意志でないと開けられず取り出せないことが判明。そこで考えつく限りのすさまじい暴力を加えて無理やり取り出そうとしたんですね(クソ外道め\\\\٩(๑`^´๑)۶////)。
こうしてグリムロックの精神は崩壊、自分自身が誰なのかさえわからない廃人状態となり、まんまとマグニフィセンスを取り出したというわけで。用済みとなったグリムロックをチャンバーに閉じ込めて、そこをスカベンさんたちが発見した(MTMTE7話)と。。。


まだハンドパワーwwwの種明かしをしてねえじゃん!と突っ込むクロックですが、スカベンジャーズはただのお笑い芸人だとわかった今wwwスコルポノックにとっては説明する気もないようで、グリミィを覚醒させました。グリミィのマグニフィセンス収納ケースに手を触れたスピニスターの腕を引き千切り、暴れ出すグリムロック!!
しばらくの後、牢の中から警備兵を呼ぶ声が。
仲間だったスカベンジャーズやニッケルの惨殺死体の中に立つグリミィ((((;゚Д゚)))))))
「今すぐスコルポノックを呼べ。ヤツと話したいことがあるんだ」。

LL14_10.png

ようやく自我を取り戻したグリミィですが、元デ軍とはいえ仲間だったスカベンジャーズや、
自らかばってあげたニッケルをこんなにも無残に殺すはずありませんっ!!
これはスカベン&グリミィのトリックだよね!?
今のグリミィは絶対にこんなことする子じゃないっ!!










関連記事
スポンサーサイト
2018/11/03 Sat. 18:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/441-74c8b1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: