FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ロボット生命体に愛♥トランスフォーマー整理箱

TFに関する情報を勝手に整理しています。年食っても相も変わらずTF好き♪

LL#15 Kill All 'Cons 

スカベンさんたちの続きが気になって続けざまに15話読みました!
サブタイトルがめちゃくちゃ不穏なんだけど、
グリミィは絶対にスカベンさんたちの仲間だから!!と信じて読んでいきます。


スコルポノックの前に引き出されたグリミィは、すっかり元の状態に戻っているようですが、
惨殺した仲間のスカベンジャーズを、ディセプティコンの警備兵だと思ったから殺したと、全く後悔の念がありません。スカベンさんたちと過ごした日々のことは記憶にないようです……(大丈夫、これは絶対グリミィのお芝居だから、心落ち着けろ、俺😑)。
グリミィはスコルポノックの手にあるマグニフィセンスに興味を持ちます。
以前はなんでもすらすらと答えていた目玉おやじでしたが、最近は自身の倫理基準に沿わない質問には回答を拒否するようになったとか。
マグニフィセンスは相手の脳波を読み取り、そこから答えるべき質問かどうか判断するとのことですが、
一番邪悪なこの人↓の質問だけはスルーできないとのこと。というのも。。。
LL15_1.png
スコルポノックは機械生命体と人間を融合したヘッドマスター計画(通称:へっぽんww)を推進した人物で、AHMではサンストリーカーとハンター・オナイオンの悲劇が描かれていました。スコルポノック自身もアブラハム・ダンテという人間とへっぽんしたハイブリッドなので、目玉おやじも脳波パターンが読み取れないというわけで。ん?でもグリミィはインフィナイトの存在も知っているんですね。
「……っていう話だってさ」。
やったー!!やっぱりこれはみんなの作戦だったんだ♪

LL15_2.png
 
どうやってだましたのか、スコルポノックだけじゃなく読んでいる人も知りたいよね~(^∇^)
一連の顛末はこうでした。。。
スピニスターの腕を吹っ飛ばしたあとも大暴れしたグリムロックですが、
ニッケルが見事にコーナーからのジャンピングアタックを決めヽ(´∀`)ノ
ビーストモードに強制変形!

LL15_3.pngLL15_4.png

ニッケルはいきもの係🐹🐰🐸のミスファイアーに「話しかけて!」と。
ニッケルの診立てでは、失語症だったグリミィはロボットモードよりもビーストモードになった方が、コミュニケーションスキルが高いように見えたとのことで、ビーストモードにしたら自分たちのことを理解してくれると判断したようですね!それが見事に当たって、なにこれ、
可愛すぎで悶えるぅ~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

LL15_6.png
ニッケルは、ビーストモードのときの方がブレインへの圧迫が軽減されるので失語症も緩和されると分析。この状態をロボットモードの時のブレインにも維持できたら、元通りになるのではと考えました。
「だったら私に任せろ」。キタ━(゚∀゚)━!!天才外科医・スピニスター!!
天才外科医がグリミィの脳手術を行っている間(彼は片手だけで手術してたのか(゚д゚)BJ並みの天才だなww)に、クロックが取れたスピニスターの片腕を見て、面白いことを思いつきました。みんなのパーツを慎重にバラして、グリミィが殺害したように見せかける芝居でスコルポノックをだまそうと(´∀`*)
ニッケルとスピニスターの二人のドクターがいたことも幸いしましたが、
これだけの短時間でここまでやってしまうスカベンジャーズ、
最高じゃねっ!?⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾


してやられたスコルポノックですが、みんなに詰め寄られても「何も話さん」と拒否。
だったら目玉おやじに聞くからいいもんね♪
『彼は私を使って、パワーアップさせた新世代の有機生命体ディセプティコン兵士を造ったのだ』。

とまあ、ぺろっと答える目玉おやじに、仕方なく本当のことを話し始めたスコルポノック。
おっさんが妊娠しておる~~~~~(゚(゚(゚(゚Д゚)!?
LL15_7.png
可愛い赤ちゃんなのに、顔の中央にデカデカとデ軍マークがあり( ゚д゚)、
しかも女の子だっていうから驚きよ、あらまあ。

スコルポノックの計画はディセプティコンの再興にありました。
今や残されたディセプティコンの数は1万。もはやCCやホットスポットから生まれるフォージドには頼っていられないと、編み出したのがスコルポノックお得意の有機生命体との融合技術。ワールドスウィーパーに残されていたデ軍のRat-a-Tat-Tatのスパークを利用し、遺伝子操作した有機生命体を誕生させる⇒繁殖させたところでスパークを機械生命体に戻す⇒多くのディセプティコン兵士を造り出す、という仕組み。
"the one evolutionary advantage that organic life has over machine life."
有機生命体の繁殖力と、機械生命体の長い寿命を保つ強靭な体を融合させるという、生命の根源に関わるようなアンタッチャブルな方法でした。。。


これらの”製造”を行うためにスコルポノックが会得したのが、
ディセプティコンのスパークを自在に”出し入れ”する技術。
以前、MTMTEでも触れていましたが、ディセプティコンのインシグニアは個人を識別する”スパークケース”から作られたもので、スパークとケースは密接にリンクしています。スコルポノックはデ軍スパークを自在に取り出せる技を悪用して、一度でもデ軍インシグニアを付けたことがある人物のスパークを操ることができるとのこと((((;´・ω・`)))。グリミィを操ったハンドパワーはこれだったんですね。
結局、生殺与奪の権利はスコルポノックが握っているわけですが、
スコルポノックはスカベンジャーズに、
グリムロックを殺して自分たちの軍に入れば優遇してやると提案。

LL15_8.png
彼らの答えはもちろんNO!!戦争なんて二度とこりごりだってo(・`д・´。)
終戦後、自分たちのやるべき道が見つからず、ミレニアムというよりも無職状態で胡散臭い仕事ばかりしていたスカベンジャーズ。大戦のころに戻りたいと思っていた節もあった彼らが、口々にもう二度と戦争はごめんだ!という姿に、なんだか胸熱になりました。。。+゚。*(*´∀`*)*。゚+
なら仕方がないと、スコルポノックはハンドパワーでスカベンさんたちを麻痺させ、スパークを奪うことを決意。もはやなすすべなし……というときに、ニッケルが最後の力を振り絞ってマグニフィセンスに近づき、「どうしたら私たちは勝てるの?」と問いかけました。答えを聞いたニッケルは自身の通信機をスコルポノックの足元に放ります。
通信機から流れ出てきたのはある人物のメッセージ。これを聞いたスコルポノックは体が動かなくなります。これは……!かつてニッケルの仲間であったターンの「死の声」。前回のイシューでショックさんを麻痺させたあれですね。
『これを聞いた君には心から同情する……。君はまもなく死を迎えるのだからね。君が誰であるかなど私が知る必要はない。重要なのは、なぜ私の友を傷つけようとしたのか、ということだけだ』
ターンは仲間が危機に陥ったときのために、自身の死の声を入れたメッセージをメンバーの通信機に入れておいたんですね。これがマグニフィセンスが導いた答えでした。ターンやD.J.D.と別れて、おそらく彼らの死も知っているニッケルにとっては複雑な想いがあったかもしれません。。。( ˘ω˘ )
LL15_9.png

スコルポノックが麻痺したため、スカベンさんたちは身動きができるようになりましたが、
フレイムが援軍をそっこー要請、みんなはここから脱出することに。
グリミィはスコルポノックにとどめを刺して、彼が生み出した有機生命体も殺そうとしましたが、
ミスファは赤ん坊の命まで奪うことはないと止めました。グリミィは赤ん坊を生かしておけばスコルポノックの勝利になると反対しましたが、ミスファはこう話して赤ん坊を救ったのです。

「戦争がなくなってひとつだけ学んだことがあるとしたら……白か黒かで物事が決まるなんて滅多にないってことさ」。
目玉おやじに導かれながら逃げるスカベンジャーズたち。そこにスコルポノックの援軍が来てしまい戦闘が起こります。グリムロックがみんなを鼓舞し、ミスファイアーも赤ん坊を抱いて必死に交戦しています。
LL15_10.png
一行はマグニフィセンスが指示したルーム15へ逃げ込みます。そこにはトランスポートがありました。
どこへ逃げる?となったとき、ミスファイアーは「ガーラス9」と即答。
ガーラス9にはスパークを摘出できる装置が備わっており、ディセプティコン兵の遺体もある。つまり、赤ちゃんのスパークをディセプティコンのボディに移し替えて彼女を救おうというプランでした。クロックもガーラス9からアゴナイザーにコンタクトを取って無事に依頼も達成できると同意。目玉おやじにガーラス9の座標を聞いて出発しようとしたところ、目玉おやじは有機生命体が転移装置に入るのは危険だと警告しました。
それを聞いたグリムロックは赤ん坊を”宇宙で一番安全な場所”である自分の胸の中へ( ∩ˇωˇ∩)。さらに追手の追跡を避けるため、ここに残って転送装置を破壊すると宣言します。
ずっとグリミィの面倒を見てきたミスファは、みんなでここに残って戦うと反論しますが、もう残された時間があまりありません。ニッケルも含めて、いつもの密談で決めようとしたスカベンさんたちですが、この密談の輪wを見たグリミィは一行をまとめてポータルに押しやり、すかさず装置を破壊。
「心配することないぜ、チビ助。言葉を失った俺の面倒を見てくれたヤツがいた。その仕事ぶりはとても素晴らしかった。今度は俺がお返しする番だ」
グリミィは自分を見守ってくれたミスファイアーに感謝していたんですね。
今度は自分がその恩返しをするのだと。。。( ;∀;)イイハナシダナー

LL15_11png.png

こうしてグリムロックによって転送された一行。「コンズ皆殺し」の落書きwwwがあるここはどこ?めっちゃ固く閉ざされたドアでびくともしないよ💦というここは、ガーラス9のかつてグリムロックが投獄されていた監獄内でした。通信機も持ってないし、どうやって外部と連絡を取るよ?というときに役立つのが目玉おやじですが……目玉おやじ眠ってんのかっ!?
こうなったら、いつもトンデモ案をひねり出すクロックに訊いてみようぜ!となりましたが、
クロックは何かを思い出したのか、みんなの声にまったく反応しませんでした。。。


【数年前】
前回のイシュー冒頭で出てきたその後。D.J.D.に追われショックウェーブの船から脱出したフライホイール。彼はクロックとスピニスターに救出されていました。彼らが乗っている船は、亡くなったコンズ仲間のThundersaurの依頼で、フライハイまたの名をミスファイアーを探し出すために略奪した、囚人輸送船でした。ミスファイアー発見後も、パイロットのクランクケースを閉じ込めたまま、勝手に使っているみたいでwww自分たちを"Foragers"と呼んでますが、ミスファイアーはもっといい名前を思いついたようです。
これがスカベンジャーズの誕生秘話(ってろくな話じゃねえなwww)

フライホイールからそんなに離れていない宇宙空間に漂っていたスコルポノックとフレイム。
二人の前に例の紋章が現れ、まばゆい光が包みます。
『我はグランドアーキテクト。これからそななたちは我の配下となる』。
ええっΣ(゚д゚|||)スコルポノックはグランドアーキテクトの大ボスじゃなかったんだ!
LL15_12.png

ウィキ先生にも出ていましたが、このグランドアーキテクトのセリフ"You belong to me, now."は「トランスフォーマー:ムービー」のユニクロンのセリフ。でもIDWではユニクロンは別展開しているのでwwwグランドアーキテクトの元締めは別の人物でしょうけど。私はすでに先のイシューまで読んで知ってしまったのですが、グランドアーキテクトの元締め、実は意外なあの人♪ですが今はまだ。。。ヒミツッ★>d(,,・ε´-,,)⌒☆






関連記事
スポンサーサイト
2018/11/04 Sun. 15:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://docknockout.blog.fc2.com/tb.php/442-e89c35bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在の閲覧者数: